スポンサーリンク

岩盤浴の5つの効果効能!上手な入り方の3つのコツってあるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

岩盤浴の5つの効果効能!上手な入り方の3つのコツってあるの?

img_slider01

岩盤浴と聞くと、女性が行く場所というイメージではありませんか?ですが、今や岩盤浴は男女問わず人気を集めているリラックススポットなのです。

健康の為に、日頃の疲れを取る為に、岩盤浴の魅力を再度見直してみてはどうでしょうか?きっと入りたくなると思いますよ?

画像http://hotel-sunshine.co.jp/spa/

スポンサーリンク

岩盤浴とは

そもそも岩盤浴とは、温められた天然石や岩石の上に寝転がることで、遠赤外線により体を温めて汗をかく場所のこと。

男性・女性別に分かれている岩盤浴だけでなく、個室岩盤浴やカップル・友人同士で利用できる岩盤浴も人気を集めています。

つまり、「岩盤浴=女性専用」の場所ではありません。男女が抱えている体調不良などの悩み改善に役立ってくれる場所、それが岩盤浴なのです。

サウナよりも快適な岩盤浴

一般的な岩盤浴の室内の温度設定は、40℃前後。湿度設定は65~75%前後と、サウナに比べるとかなり温度が低いため、サウナを体験している人にとってはとても快適な空間に感じることでしょう。

サウナよりも汗がかける

実は、サウナより室温が低いのにもかかわらず、遠赤外線によって体をじっくり温めることができ、しっかり汗をかけるのです。また心臓にかかる負担が少ないというメリットもあります。

「岩盤浴=女性が通う場所」という固定観念に縛られていてはもったいない!と感じた人も多かったのではないでしょうか?

実際に岩盤浴には、たくさんの効果効能があります。気持ちよさや効果の実感の有無には男女差もありません。ぜひ自宅近く、また会社近くでお気に入りの岩盤浴スポットを見つけてみましょう。次は岩盤浴の効果を詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

知って得する5つの岩盤浴の効果

岩盤浴がどんな場所かをイメージができたところで、岩盤浴を体験することによる効果やメリットをご紹介します。岩盤浴は体を温めるというシンプルな行為ですが、実はたくさんのメリットがあるのです。

体を温めることで心も温まるため、考え方が柔軟になったり、ストレスが解消されたりと精神面においても幅広い効果が期待できます。

日常で感じる些細な疲れやストレスは、できるだけ早いうちに解決することがベストです。あなたが今抱えている悩みの改善方法が、ここにあるかもしれません!ぜひチェックしてみてください。

1.ダイエット効果

年齢を重ねることで太りやすくなるのは、男性も女性も同じです。同じ量を食べているのに、なぜか太りやすくなってきたと感じることはありませんか?その主な原因は、基礎代謝の低下。

しかし、その基礎代謝をアップするために効果を発揮するのが、岩盤浴です。遠赤外線効果で体を温めることで、体温が上がり汗をかきやすい体質に変わることが期待できます。

数回、岩盤浴に通ったからといって突然体質が変わるわけではありませんが、頻繁に通うことで体質改善に繋がり、基礎代謝が高まることで痩せやすい体をつくることができます。

2.頭皮の血流改善

男女、年齢問わず、頭皮の状態について悩んでいる人は少なくないことでしょう。薄毛の原因として考えられていることはホルモンバランスの崩れやストレスなど様々ですが、原因のひとつには頭皮の血行不良が挙げられます。

しかし岩盤浴で全身を温めることで、自然と頭皮の血流の改善が期待できます。結果的に頭皮にもしっかり栄養が行き届くようになった例もありますので、根気よく通うことをおすすめします。

3.冷えや肩こりの改善

冷え性は、女性だけの悩みではありません。男性の中には、自分が冷え性だと気付いていない人も多いことでしょう。

夏場の冷房や冷たい飲み物は、内臓を冷やしますので冷え性の原因になってしまうことが心配されます。また湯船に入らずにシャワーで済ませた翌日は、体が辛いという人はいませんか?

特にお風呂上がりには、肩こりや腰痛が楽になるという人は、原因が冷えから来ている可能性が高いため、岩盤浴の効果が表れやすいと言えるでしょう。

4.サウナよりも高いデトックス効果

「サウナでたっぷり汗をかけばデトックスできる」と考える人は少なくないでしょう。しかし、サウナに入っているときの汗は汗腺から、そして岩盤浴での汗は皮脂腺からと、出る場所が異なるのです。

皮脂腺からの汗の方が、知らず知らずのうちに体内で蓄積された化学物質などのデトックス効果が期待できます。

皮脂腺を開くには大量の運動が必要です。エクササイズなら2時間、ランニングの場合は30kmが目安ですが、日常にこれだけの運動を行うのはとても難しいでしょう。

しかし、岩盤浴であれば寝転んでいるだけで運動と同じだけの効果が期待でき、効率的なデトックスが可能なのです。

5.疲れを翌日に残さない体の仕組みづくり

満員電車や仕事のストレス。家庭や経済的な悩みなど、現代人は精神的・肉体的にも大変な疲れを抱えています。年齢を重ねるにつれて、眠っても疲れが取れなくなってきたということはありませんか?

この悩みを解決してくれるのが、岩盤浴です。岩盤浴は入ることで疲れが取れるというよりも、入ることで体が適度な疲労を感じ、頭や心をリラックスさせる効果があります。その結果、しっかり睡眠を取ることができるようになります。深い睡眠が体力の回復を手伝ってくれるのです。

「朝の目覚めが良くない」「夜、ベッドに入ってもなかなか眠れない」といった悩みを抱えている人にとって、岩盤浴は特に効果が実感できることでしょう。

スポンサーリンク

岩盤浴に上手に入る3つのコツ

それでは、次に岩盤浴の上手な入り方についてご説明しましょう。サウナとは異なる点も多いため、特に初めて岩盤浴に入るという方はしっかりチェックしてください。

せっかく岩盤浴に入るのですから、効率良く効果を得たいもの。コツを抑えれば、あとは自己流アレンジもOKです!

1.岩盤浴の汗は洗い流さないこと

サウナの後に浴びるシャワーは、爽快感たっぷりで気持ち良いもの。これは、サウナで出た汗には塩分や尿酸が含まれていて、とてもベタベタしているからです。

しかし、岩盤浴で出るサラサラとした汗は、皮脂腺から出て来た良い脂のため洗い流す必要は全くありません。むしろ、肌の保護膜となり肌の潤いを保ってくれますので、そのままにしておきましょう。

どうしてもそのままにしておくのは気持ち悪いという人も、タオルで軽く抑えるようにする程度がベストです。

2.継続が大切

岩盤浴で出る汗はサラサラしているとお伝えしましたが、大量の老廃物が溜まっている場合、最初にベタベタした汗が出ることが多いです。

特に初めて岩盤浴に入った人は、ずっとベタベタした汗が出続けることもあります。そんな場合は「これだけ大量の老廃物や有害物質が体の中に溜まっていたのだ」と思ってください。

岩盤浴も、スポーツやダイエットと同じく継続が大切です。まずは週に1回からでも構いません。こまめに通い、体を温めることを習慣づけましょう。継続することで、最初はベタベタした汗しか出なかった人もサラサラとした気持ちの良い汗に変化します。

3.運動と併用することでより効果がアップ

岩盤浴は体を温め、基礎代謝を高めてくれるものですが、決して魔法のようなものではありません。ダイエットや冷え性・肩こりの改善を目的とする場合、合わせて日常生活に運動を取り入れることで、より効果がアップすることでしょう。

例えばダイエットを目的にウォーキングをする場合などでも基礎代謝が改善されていれば、よりダイエット効果が期待できるはずです。効果が表れるとやる気もアップしますので、きっとダイエットを続けることにも繋がるでしょう。

また、冷え性や肩こりのお悩みも、日常の運動不足が原因となっていることが多いです。

岩盤浴で体を温め、心がリラックスした後は、日常生活にほんの少しでも運動を取り入れてみましょう。相乗効果が実感できるはずです。

最後に

最近思うのですが、生きて行くうえでやはり健康が一番と当たり前のことをよく考えます。普段から元気だと健康のありがたみって結構忘れがちなんですけど、この記事を書いているとより感じる事が出来ました。

岩盤浴で何もかもが健康になる訳ではありませんが、普段の生活の中に岩盤浴に通う習慣を付けてみる事もアリかなと考えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク