スポンサーリンク

バラの花言葉は本数によって意味が変わる?花束を贈るとき知っておきたい本当の意味。

バラの花言葉は本数によって意味が変わる?花束を贈るとき知っておきたい本当の意味。

薔薇本数う花言葉

誕生日や特別な時にバラの花束を贈ることってよくありますが、
バラの本数には花言葉とは、また違った本当の意味がある
と言われています。

更に、色によって組み合わせによっても意味が違ってくるんです。

愛する女性にバラの花束を贈る時に、
本当の意味での最高のバラの花束を贈って
とびきりの笑顔を見たくはありませんか?

スポンサーリンク

バラのプロフィール

旬の季節:周年
開花時期:5月~10月
出回り時期:周年(最盛期は6月)
花持ち期間:3~7日程度
学名:Rosa cvs.
和名:薔薇(バラ)
別名:ソウビ、ショウビ
英名:Rose
原産地:北半球の温帯域

「バラ」って実は和名で、トゲのある低木の総称である「いばら」
転訛したものと言われています。

バラの花は、美の女神「ビーナス」の花と言われていて、
女神の流した涙から咲きだしたという言い伝えがあります。

贅沢の象徴ともされているバラは、その色も形も豊富にあり、
基本的な花の意味は「愛」「恋」「美」ですが、
実はたくさんの花言葉を持ち合わせています。

バラの花言葉

薔薇青色花言葉

バラの花言葉にはバラ全般に使われている花言葉と
色によって使われている花言葉。
更に、本数によっても色んな意味があります。

まずは、バラ全般の花言葉からご紹介いたします。

バラ全般の花言葉

「愛」「美」

色によって違う花言葉

・赤色のバラ
「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」「美貌」

・白色のバラ
「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」「純潔」「清純」

・ピンク色のバラ
「しとやか」「上品」「感銘」「可愛い人」「美しい少女」「温かい心」
「愛の誓い」

・青色のバラ
「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」

・黄色のバラ
「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」「平和」「不貞」愛の告白」

・オレンジ色のバラ
「無邪気」「魅惑」「絆」「信頼」

・緑色のバラ
「穏やか」「希望を持ち得る」

・紫色のバラ
「誇り」「気品」「尊敬」

・緋色のバラ
「灼熱の恋」

・濃紅色のバラ
「内気」「恥ずかしさ」

・紅色のバラ
「死ぬほど恋焦がれています」

・黒赤色のバラ
「死ぬまで憎みます」「憎悪」「恨み」「化けて出ますよ」

・黒色のバラ
「貴方はあくまで私のもの」「憎しみ、恨み」
「決して滅びることのない愛、永遠の愛」

・虹色のバラ
「無限の可能性」

・絞り模様のバラ
「満足」

・ドット柄のバラ
「君を忘れない」

・赤に白班のバラ
「戦争」「争い」

この記事を書くまで黒いバラが本当にあるとは知りませんでした。
天然の黒いバラはトルコのユーフラテス川流域のみに生息する、
非常に珍しく希少価値の高い花なんだとか。

そして、花言葉は「貴方はあくまで私のもの」「憎しみ、恨み」
「決して滅びることのない愛、永遠の愛」と、
なんか想像通りの言葉ですよね。

スポンサーリンク

部位によって違う花言葉

・赤いバラのつぼみ
「純粋と愛らしさ」「純粋な愛に染まる」

・白いバラのつぼみ
「恋をするには若すぎる」「少女時代」

・バラのトゲ
「不幸中の幸い」

・多輪咲のバラ
「プライド」

・一重のバラ
「静かな愛と敬意」

・野バラ
「優しい心」

・ミニバラ
「無意識の美」

・まだトゲがついていないバラ
「プラトニックな愛」

まだ咲いていない「つぼみ」や「トゲ」にまでも
花言葉があるってバラって面白い花ですよね。

本数で違うバラの花言葉

薔薇花束花言葉

1本
「一目ぼれ」「あなたしかいない」

2本
「この世界は二人だけ」

3本
「愛しています」「告白」

4本
「死ぬまで気持ちは変わりません」

5本
「あなたに出会えた事の心からの喜び」

6本
「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」

7本
「ひそかな愛」

8本
「あなたの思いやり、励ましに感謝します」

9本
「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」

10本
「あなたは全てが完璧」

11本
「最愛」

12本
「私と付き合ってください」

13本
「永遠の友情」

15本
「ごめんなさい」

21本
「あなただけに尽くします」

24本
「一日中思っています」

50本
「恒久」

99本
「永遠の愛、ずっと好きだった」

100本
「100%の愛」

101本
「これ以上ないほど愛しています」

108本
「結婚して下さい」

365本
「あなたが毎日恋しい」

999本
「何度生まれ変わってもあなたを愛する」

スポンサーリンク

組み合わせによって違うバラの花言葉

・赤いバラの中に白いバラ
「打ち解けて仲が良い」「温かい心」

・黄色のバラの中に赤いバラ
「あなたがどんな不実でも」

・バラのつぼみ3本と開花したバラ1本
「あのことは永遠に秘密」

・バラのつぼみ1本と開花したバラ2本
「あのことは当分の間秘密」

鮮度によって違うバラの花言葉

・しおれたバラ
「はかない」「つかの間」

・白の枯れたバラ
「生涯を誓う」

愛と美と薔薇

花言葉が本当に多いバラですが、その根底は「愛」と「美」にあります。

愛と美の象徴であるバラの花束を贈る時、もしくは貰う時、
その色と本数をそっと数えてみるのも楽しみですね。

相手の「本当の気持ち」が見え隠れするかもしれません。

コメント

  1. […] 参考 ・バラの花言葉は本数によって意味が変わる?花束を贈るとき知っておきたい本当の意味。 | トレンド情報ステーション ・バラの花言葉を使って花束を作る際に注意する7つの点 & […]