スポンサーリンク

2017年 啓蟄っていつ?読めますか?その意味と満月と巳の日の関係。

2015年の3月6日は「啓蟄」。

なんか難しい字ですよね。

子供たちにも簡単に説明できるように

分かりやすくご紹介致します!

スポンサーリンク

啓蟄とは?

二十四節気(にじゅうよんせっき)の一つで、

「けいちつ」と読みます。

英語に訳すと、こーーんなに長くなります!

the day on which insects dormant during the winter (are thought to) emerge from the earth (around March 6)

まぁ、日本語にした意味を英語にしているので長くなるのですが、

とにかく、啓蟄とはどういうものなのかと言いますと、

分かりやすく、「啓」と「蟄」に分けて考えてみましょう。

◆啓

啓には、「ひらく」「開放する」「(夜が)明ける」と言った

意味があります。

◆蟄

蟄には、「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」と言った

意味があります。

つまり啓蟄とは、

「暖かい春の陽気が近づき

冬の間冬眠していた虫たちが、穴から出てくる頃」

という意味があるんですね。

啓蟄っていつ?

先程も言いましたが二十四節気の一つなんです。

旧暦では、1月後半から2月の前半 」のことになります。

現在使われている太陽暦では、

「太陽黄経(天球上における太陽の見かけ上の通り道)が345°時」

さらに

「太陽暦の3月5日または6日 に始まって、

3月 20日または 21日、つまり春分の日の前日までの約15日間」

とも言われています。

簡単に言うと、

3月5、6日という日を指すこともあり、

春分の前日までの15日間という「期間」を指すこともあるって事なんですね。

ややこしいでね。

スポンサーリンク

啓蟄と満月と巳の日

2015年の啓蟄は満月であり、巳の日になります。

啓蟄と巳の日が重なることは始まりの季節として

とても良いとされています。

◆満月

月は満ち欠けを繰り返しながら

地球からの距離を縮めたり遠ざけたりします。

2015年の啓蟄の日は満月であり、

今年一番地球から遠くにあると言われていて、

少しずつ地球に近づいて来るそうなんです。

スーパームーンについてはコチラ

◆巳の日

この日は金運がアップし、

商売繁盛や、仕事運などが上がる日と言われています。

冬眠から目覚める虫たち・・・・。

一番遠くから近づいてくる月・・・・。

そして金運アップの巳の日。

この3つが重なり合う日なんて、そうそうありません!

これって何か

とんでもなく凄そうな気が

してきませんか?キタ━(゚∀゚)━!

何かをはじめるに当たり、こんなに良い日は他にはないのでは?

この日を境に気分を切り替えて邁進したいものです。

私も早くコタツからでなくては。

でも、まだ寒いですよね?

これからの啓蟄は?

2016年:3月5日

2017年:3月5日

2018年:3月6日

2019年:3月6日

2020年:3月5日

2021年:3月5日

2022年:3月5日

2023年:3月6日

2024年:3月5日

2025年:3月5日