スポンサーリンク

二日酔いを治す正しい方法!医者もやってる飲む前と飲んでる時と飲んだ後

二日酔い

楽しく飲んだ次の日、

二日酔いで苦しんでいる方はいませんか?

その辛さは、「もう二度と飲まない!」なんて気持ちになるほど。

でも、また飲んじゃうんですけどね。

そんな二日酔いになりにくい

常識とらわれない医者もやっている

正しい二日酔い対策をご紹介致します!

スポンサーリンク

二日酔いの原因

二日酔い、宿酔とも言われ、

アルコールを自身の代謝能力以上に摂取することで引き起こされる症状。

体の中でアルコールは、アセトアルデヒドに変化し、

更に酢酸に変わり、最終的に水と二酸化炭素になります。

この代謝過程でできるアセトアルデヒドは、

毒性の強い物質として知られており、

アセトアルデヒド濃度が高くなりすぎれば、

二日酔いになると言われています。

しかし、最近の研究で原因はアセトアルデヒドだけではないとも言われ、

カテコールアミンや、その他にも原因があるのではと言われています。

実は、二日酔いのメカニズムはまだ解明されていないのです。

ですから、二日酔いの原因物質を「吸収させない」「排出を促す」

という考えが大切なんですね。

スポンサーリンク

お酒を飲む前の対策

これは、「アルコールの吸収を抑える」と言ったモノ。

それには、以下の様は方法があります。

◆ごま油を食べる

ごま油には、「リグナン」と呼ばれる成分が含まれていて、

毒素である「アセトアルデヒド」を分解し、体外へ排出してくれる

働きがあります。

ごま油は、胃の中で幕を作りアルコールの吸収も抑えてくれます。

よく飲む前には「牛乳」を飲むと言われていましたが、

牛乳よりもごま油の方が効果的と思われます。

摂取する量はわずか1g程度。

これだけで効果があると言われています。

◆卵かけご飯を食べる

実は、生卵は消化が悪くお酒を飲む前に飲んでおけば胃の中で幕を作り

アルコールの吸収を遅らせることができるんです。

更に、卵の中のアミノ酸が肝臓の働きを助けてくれる優れもの。

気をつけたいことは、卵に火を通してはいけないという事。

生で食べることが肝心です!

ごま油にせよ、生卵にせよ、飲んでいる最中に摂取しても

効果があると思われます。

お酒を飲んでいる時の対策

お酒を飲んでいる最中にもちょっと気をつけるだけで、

二日酔いの対策になります。

◆水を飲む

水を飲むことで体内に入るアルコール(濃度)を

低く抑えることができます。

水は、悪酔いしにくくなり

飲んでいる時の楽しい時間を長くできんるんです。

ですので、飲むお酒は水割りがオススメです。

ちなみに、炭酸はアルコールの吸収を早やめてしまう効果もありますので

炭酸よりも水がオススメです。

スポンサーリンク

お酒を飲んだ後の対策

これは基本的に「毒素をいち早く体内から排出する」という

考えで、それには以下の様な方法があります。

◆水を飲む

お酒を飲んでいるとき同様、やはり水分を摂ることが大切です。

アルコールを摂取すると、脱水症状により体内の水分が失われます。

水を飲んで水分補給をしましょう。

ポイントは人肌程度の白湯にする事。

冷たいお水よりも水分の吸収が早くなります。

◆1時間でも長く起きておく

飲んだ後に少しでも長く起きていることで、

翌日のお酒の抜け方がかなり違います。

お酒を飲んだあとに直ぐに寝てしまうと、

アルコールの分解が遅れてしまいます。

これは、実際に研究結果もある二日酔いの対策なんです。

ですので、翌日に元気で過ごすには、

なるべく起きておいてほうが良いとされています。

◆五苓散(ごれいさん)を飲む

五苓散とは、以前TVでも紹介された二日酔いに効く漢方薬なんです。

その効能は二日酔いだけでなく、

めまい、むくみ、下痢、風邪、内蔵のムカムカ

頭痛、胃痛、急性胃腸炎、等があります。

たくさん水を飲みながら五苓散を飲むと

「スカッ!」とするということ。

試してみる価値アリです!

まとめ

お酒を飲む前の対策

  1. ごま油を摂取する。
  2. 卵かけご飯を食べる。

お酒を飲んでいる時の対策

  1. 水を飲む

お酒を飲んだ後の対策

  1. 水を飲む
  2. 1時間でも長く起きておく
  3. 五苓散を飲む

です。

体調を崩さず、是非楽しいお酒を飲んでください!

コメント

  1. […] 二日酔い防止はコチラのサイトを参考にして下さい。 […]