スポンサーリンク

一週間断食(ファスティング)の効果とやり方!一週間で見た目は変わるのか?

一週間断食(ファスティング)の効果とやり方!一週間で見た目は変わるのか?

1日程度の短期間断食でも体内環境をリセットする効果が期待できますが、本格的に体重を減らしたければ、やはり一週間程度の断食がおすすめです。

「少し食べないだけでも辛いのに、一週間の断食なんてとても無理!!」と食べないことにハードルを感じている方が多いかもしれませんが、正しい知識さえあれば安全に乗り切ることができます。

こちらでは、一週間断食の効果や方法についてお話しします。確かなダイエット方法探している方は参考にしてください。

スポンサーリンク

一週間断食(ファスティング)の効果

一週間の断食ともなると、当然そのダイエット効果は大きなものです。食事でエネルギーの摂取を制限していても、エネルギー消費自体は続いています。日を追うごとにみるみる体重が落ちていき、断食が終わるころには大幅に体重が減少しているでしょう

一般的には、1日の断食で1kg程度の減量効果があると言われています。

1日目の断食で減る体重の多くは水分ですが、2日目からは脂肪の燃焼が促進され痩せやすくなり、6日目以降は徐々に痩せにくくなっていくようです。

そのため、1周間程度の断食は、効率良く痩せられるベストな期間と言えるかもしれません。

人間は2kg程度の体重増減で見た目の印象が変わると言われています。一週間断食が成功すれば、周りの人が変化に気づくのに十分な成果が出るはずです。

もともと、太っている人であれば脂肪燃焼量は大きくなりますので、さらにその効果を実感できるでしょう。

また、一週間の断食による体内環境のリセットによって、肌荒れの改善も期待できます。体が細くなり、さらに肌もキレイになれば、誰から見ても変化は一目瞭然です。

見た目をはっきりと変化させたい方に、一週間断食は非常におすすめのダイエット方法と言えるでしょう。

一週間断食(ファスティング)の方法

一週間の断食ともなると、流石に気軽なものではありません。ある程度の準備が必要になりますし、1日や3日など短い期間断食を経験せずにいきなり挑戦するのは止めておいたほうがいいでしょう。

安全に一週間の断食を終えるために、具体的な方法をご紹介します。

必要となる準備

断食と言っても、何も口にしないのは無謀というものです。一般的なファスティングダイエットでは、断食専用のドリンクで栄養を補給し、ファスティング期間を乗り切ります。断食中に摂取する一般的なドリンクは以下のようなものです。

・酵素ドリンク
・スムージー
・ジュースクレンズ
・昆布茶

断食中はこれらのドリンクを補給し、他にもお茶などで水分補給します。一週間の断食に十分なドリンクと水分をあらかじめ用意しておいてください。

また、多くの方が忘れてしまうのが、「家族への了承」です。家族と同居している方は、あらかじめ伝えておかなければ余計な心配をかけてしまいます。反対に、真剣に相談すれば断食中の頼れる協力者になってくれるかもしれません。家族への相談は忘れないようにしましょう。

ちなみに、私が使用したオススメ酵素ドリンクは「濃縮練り酵素【houbi(宝美)】 」です。

特に30代40代50代の方には嬉しい美容効果が期待できると言われていて、ドクダミやルイボス、クコの実など67種類の原材料を使用されています。

また、必須アミノ酸は酵素ドリンクの7~8倍もの量が含まれているんです。

houbi(宝美)はドリンクと言うよりも”ペースト状”ですので、いろんなアレンジができて飽きません。ファスティングにより、休めた内臓に染み渡る感じがします。

優秀な酵素ドリンクはhoubi(宝美)だけじゃありませんが、選ぶなら質の良い物をチョイスしてください。

貴方の体はあなたが食べた物で出来ています。

houbi(宝美)

食事をドリンクで置き換え

現在、主流となっているファスティングで一般的なのは、食事を上述したようなドリンクで置き換えるという考え方です。

朝昼晩の3回、そして昼食前と夕食前の5回、食事代わりのドリンクを摂取します。また、断食中は水分が失われがちなので、積極的にお茶や水を飲むのも重要です。

普段の1.5倍から2倍程度の水分補給を意識しましょう。

回復食

断食が明けてすぐに通常食生活に戻すのは、体に与える負担やリバウンドの可能性からいささか危険です。1周間断食の場合は、3日程度の「回復食」を経て、通常の食生活に戻していきます。

例えばこんな感じです。

断食終了後1日目の回復食

重湯など流動食を中心にする。

2日目

おかゆ

3日目

玄米や白米

といった流れで、少しずつ消化しやすいものから固形の食事に戻していくのが理想的です。

4日目以降は通常の食事に戻して問題ありませんが、しばらくは「腹八分目」の量を心がけましょう。

1周間の断食後は味覚や満足になる量が変わっていることも考えられます。薄味のものが食べたくなったり、あまり量の多い食事が欲しくなくなったりした場合はいい傾向ですので、無理をしてもとの食生活に戻す必要はありません

辛くなったら無理は禁物

一週間の断食を成功できれば、断食の上級者と言えます。つまり、一週間の断食にはそれ相応の慣れや覚悟が必要だということです。

断食を終える前に気分が悪くなったり、空腹に耐えられなくなったりした場合は、無理をせずに中断してください。断食は短い日数でも効果があります。

はじめは1日や3日といった短期間の断食に慣れ、再度1週間の断食に挑戦しましょう。

スポンサーリンク


一週間断食の感想

一週間断食に挑戦し、見事成功した方の感想をまとめました。やはり、一週間の断食ともなると、達成したあとの感激はひとしおのようです。

体型が明らかに変化した

上述したとり体重の減少は皆さん実感しているようです。減少量は人それぞれですが、平均すると5kg程度は体重が減っています。決して簡単に終わる期間ではありませんが、ここまでの効果が出るダイエットは他を探してもありません。

メンタル面の変化

一週間という辛い断食を終えたという事実は、メンタル面も大きな影響を与えるようです。以前より空腹に耐えられるようになるだけではなく、「ストレス耐性そのものが強くなった」という感想も聞こえてきます。

結果として仕事にゆとりある精神状態で取り組めるようになった方も多いようです。「体に何も入っていない感覚が心地良い」と、断食終了後も基本的にあまり食べない生活を続ける方もいます。

味の好みが変わった

一週間をドリンクのみで過ごし、その後回復食を経ても断食事前の食生活に戻らない方がいます。味の好みが変わってしまい、以前のような濃い味を求めなくなった、というのがその理由です。薄味、かつ塩分ひかえ目の食生活になれば、太る心配や、病気の危険もありません。

食事が少量になった

上述した味覚の変化から、「量より味で食事を楽しむようになった」という方も少なくありません。毎日の食事が少量になったのにもかかわらず、以前より確かな満足感を覚えているようです。健康的になって食費も浮くので、一石二鳥と言えるでしょう。

断食達成後のビールが美味しい!

せっかく過酷な一週間の断食を終えたのですから、少しなら羽目を外してもいいでしょう。中には、断食達成後のビールをモチベーションに、何度も挑戦している方もいるようです。

大量に飲む習慣が根付いてしまわない限りは、このようにご褒美としてのお酒を楽しみにするのも、断食とのいい付き合い方と言えるかもしれませんね。

着られなかった服が着られるように!

一週間断食が上手く行けば、ウエストは大幅にサイズダウンします。タンスの奥に封印していたスキニーや、これまで挑戦できなかったスリムな服を「着られるようになった!」と喜んでいる方はたくさんいるようです。

着る服の選択肢が広がるのは、オシャレな方にとって非常に大きなメリットではないでしょうか。

最後に

一週間の断食は決して簡単に達成できませんが、乗り越えた先にはそれ相応の結果が待っています。

特にダイエット面での成果は多くの人が実感しており、確かなものと言えるようです。断食ビギナーには少々ハードルが高いかもしれませんが、もし短期間の断食に慣れているのであれば、次のステップとして一週間断食に挑戦してみましょう。

体型や肌など、見た目には相似象以上の変化が現れるはずです。

一週間後の自分を想像してみてください♪