スポンサーリンク

桜の花言葉。その姿は私たち日本人の心そのものでありたい。

桜の花言葉

毎年春になると、私たちの目を楽しませてくれる「桜」。

沢山の桜が咲き誇る、凛とした姿は圧巻で、

「日本人で良かった」と感じさせてくれる一瞬ではないでしょうか?

入学式や卒業式、出会いと別れを

桃色の花びらが飾っていてくれた事を思い出します。

あ、あと、お花見もね。

そんな日本人にとって大切な桜の花言葉をご存知でしょうか?

雑学も交えながら桜の花言葉をご紹介いたします。

スポンサーリンク

桜のプロフィール

和名:サクラ(桜)

英名:Cherry blossom

学名:Prunus spp.

原産地:ヒマラヤ近郊

分類:バラ目バラ科サクラ属

分布:ヨーロッパ・西シベリア・日本・中国・米国・カナダなど

実は、桜は正式には日本の国花ではないんです。

桜は、日本を象徴する花とされているだけなんですね。

ちなみに、日本の国花は菊です。

桜の語源

諸説ありますが、

・「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたもの

・日本神話に登場する女神・木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)のサクヤをとったもの

・さくらの「さ」は穀霊(穀物の霊)を表す古い言葉で、「くら」は神霊が鎮座する場所を意味し、「さ+くら」で、穀霊の集まる依代(よりしろ)を表す

の説が有力と思われます。が他にもたくさんあるんです。

ここでは省略しますね。

桜の歴史簡単に

古くは平安時代より鑑賞の対象として万葉集の歌にも詠まれています。

ですが当時は桜より梅が主役だったようです。

桜と言えば、やっぱりお花見ですよね。

日本で最初のお花見をしたのが

9世紀前半に嵯峨天皇が南殿に桜を植えて、

宴を催したのが最初と言われています。

そこから、「花は桜木、人は武士」という言葉があるように

桜が散る潔い様から「武士の象徴」としてとらえられ

武士たちにも愛されるようになります。

そして、江戸時代になると花見も庶民の間に広がり

数々の桜の名所ができ発展していきます。

時は、明治に移りますが、桜にとってこの時代は災難の時と言えましょう。

なぜなら、明治の時代は西洋の文化が急速に広がり

桜の文化が後退していったと言われています。

更に太平洋戦争時には桜の品種の多くが絶滅したと言われています。

そして、現在では桜の研究も進み品種の再発見や新種が作られたりと

その成果もあり、全国各地で綺麗な桜が見れるようになりました。

スポンサーリンク

桜の花言葉

「精神の美」

「優美な女性」

一般的に桜の花言葉と言えばこの2つになります。

ですが先ほども桜の品種の話を少し申しましたが、

桜にはたくさんの品種があります。

野生種や園芸品種を合わせると

その種類はなんと600もの品種が存在するとか。

花弁の色や形も多種多様であり、開花時期も異なる為、

季節を通して私達の目を楽しませてくれます。

全てではありませんが、

それぞれの桜の花言葉をご紹介いたします。

染井吉野(ソメイヨシノ)

「純潔」「優れた美人」

枝垂桜(シダレザクラ)

「優美」「ごまかし」

里桜(サトザクラ)・八重桜(ヤエザクラ)

「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」

山桜(ヤマザクラ)

「あなたに微笑む」「純潔」「高尚」「淡白」「美麗」

冬桜(フユザクラ)

「冷静」

寒桜(カンザクラ)

「気まぐれ」

参考-http://rennai-meigen.com/sakurahanakotoba/

優美な女性

桜の花言葉でもある「優美な女性」とは、

一体どんな女性を思い浮かべますか?

一般的には、上品であるとか、気品があるとかって言われていますが、

上品や気品って「姿勢」が大きく関係しているそうです。

そして、正しい姿勢で生活する事は、

綺麗であるだけでなく、健康にも繋がります。

桜が舞う季節は、

何かを始めるにはちょうど良い季節ですよね。

今年は、より優美に生きる為にも

正しい姿勢というものを今一度考えてみる事もよろしいかと。