スポンサーリンク

ネックレスが切れた…その意味は?不幸がやってくる前兆かも?

ネックレスが切れた…その意味は?不幸がやってくる前兆かも?

76bd0ce947a5a07fc6edf8a9d3492a9f_s

何気ない日曜の朝。

突然に、なんの前触れもなく。

何事もない毎日が突然に、あっさりと崩れていくような感覚。

大切にしていたネックレスが切れてしまった…。

何か胸騒ぎがする…。

不幸の前兆なのか?

ネックレスが切れたり、壊れてしまう事に深い意味はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

ネックレスの意味

古くからネックレスやペンダントには人の願いが込められていると言います。

例えば、石器時代では現在とは違い食料が手に入りにくい為、狩が上手くいくように
動物の牙などに紐を通し首飾りとして身に付けていたと言います。

時は流れ、現在ではほとんどの方がオシャレ感覚で身に付けていると思いますが、
本来、ネックレスは願いが叶うように想いを込めるアクセサリーと言われているようです。

詳しくはコチラを参考にしてください。

ネックレスが切れた…不幸の前兆?

長年愛着を持って身に付けていたネックレスが切れた時や、壊れた時、何か不幸がやってくるのかも知れない…。

なんて、考えがちですが、長年毎日使用していればいつかは切れます。

永遠に変わらない物なんて無いように。

愛情は知りませんがね。

ましてやネックレスの鎖なんて細いんですから切れない方がおかしいのです。

まだ新しいネックレスだとしても物には出来不出来があり、同じ物でも当たり外れがあるのです。

だから心配いりません。

でもね、そんな事は皆さんご存知だと思うのです。

大切にしていたネックレスが切れた…。

ネックレスが切れた本当の意味。

スピリチュアルな考えだと、その意味はまた違ってきますよね。

霊的なとか、目に見えない力的な物とか。

そういった考えで言うと、切れたネックレスは「自分の身代わりになってくれた」そう考えて問題ないと思われます。

おそらく、あなたはネックレスが切れる事で不幸の前兆だとか不吉だとか思うのは「下駄の鼻緒が切れると縁起が悪い」なんて言われてきたからではないでしょうか?

ですが、それは間違いだと言います。

その昔、亡くなった人は火葬されず埋葬されていました。

その時、墓地の土を踏んだ草履には死霊が憑くと考えられ、縁起が悪いと言われていたのです。

その為、死霊が草鞋を履いて憑いて来れない様に、草鞋の鼻緒を切ってその場で脱ぎ捨てていく風習がありました。

この事から靴の紐が切れたりすると縁起が悪いと言われるようになったと言いますがこれでは本来の意味からずれていますよね。

本来、鼻緒を切るのは死霊が憑いて来れない様にするはずだったのに、時代と共にとらえ方が変わってきているようです。

そして、ネックレスの鎖が切れた時にも、なにか不吉な事が起こる前兆と考える人が多くなったようです。

そうでなくて、ネックレスの鎖が切れたのは、災いから自分自身を守ってくれたと考えた方が自然なんです。

スポンサーリンク

物には魂が宿る

30ec7d55228037a159f28cd46e84490e_s
昔から物には魂が宿ると言います。

まぁ、こう言った話をすると物は考えようとなるのですが、賛否の方はちょっと置いておきましょう。

日本では、昔から長い間大事に使ったものには「付喪神(つくもがみ)」と呼ばれるれる神が宿ると信じられていたのです。

物が単なる物ではなく、そこに霊魂が宿ると考えられたのです。

そこから、特に日本人は物を大切にする事が美徳と考えられてきた風習があります。

そこには、どんな意味があるのか?

魂が宿ったとして、それがどうかしたのか?

例えば、MLBのイチロー選手の話。

テレビやニュースを聞きかじっての話になりますがイチロー選手は野球の道具をとても大切にすることで知られています。

外国人に比べて体の小さな日本人がMLBで大活躍する為には言葉では言い表せない努力があった事は言うまでもないでしょう。

そうと言ってもイチロー選手の活躍には目を見張るものがあります。

まさに神がかり的な。

努力だけではできないようなプレーをしていると感じる事があります。

そんな時、思うのです。

普段から大切にしているバットやグローブがイチロー選手に味方していると…。

大切に扱っている物がここぞと言う時力になってくれていると。

こう考えると大切にしている物には魂が宿ると考えても不思議ではないような気がします。

当然、ネックレスも大切にしていれば、魂が宿りあなたに降りかかる災いからあなたを守ってくれていると考えられるのではないでしょうか?

切れると願いが叶うネックレス

世の中には、切れると願いが叶うとされているネックレスがあります。

その名も「MAKE A WISH(メイク ア ウイッシュ)」。

この、切れると願いが叶うとされているネックレスはロサンゼルスのヴェニス・ビーチのティーン達が発端になります。

「ドギャードのペンダントを身に着けていたら願いが叶った」「別れてしまった恋人とやり直すことが出来た」など

まぁこのネックレスは、シルクの細い紐で作られている為、普通のネックレスより切れやすくなっているとはいえ切れたら願いが叶ったと言う事は普段から肌身離さず付けていたからと思えなくないような…です。

以上のことからネックレスが切れる事により「災いが降りかかる」や、「不幸の前兆」として考えるのではなく前向きに捉えるようにしましょう。

切れたネックレス、捨てるべき?

大事にしていたネックレス。

身代わりになって切れたネックレス。

どうすべきか?

それは、修理して使用するもよし、捨てるもよしと考えます。

ですが、捨てる際、心の中で感謝の気持ちを伝えてあげるべきと思います。

だって物には魂が宿るのですから。

物を粗末に扱うとホントに不幸がやってくるかもですよ?