リアルすぎる!ダイオウグソクムシカレーって食べる勇気ありますか?

Pick up

daiougusoku_tp1 (1) (1) (1) (1)

 

世界で初めてダイオウグソクムシが脱皮した!って事で、

今、盛り上がってますよね。

 

脱皮したのは鳥羽の水族館で飼育展示されているもので、

2012年メキシコ湾の水深約800メートルの海底で採取した雄。

 

でも、まだ完全には脱皮しておらず、

半分ほど残っているとか。

 

その脱皮よりも気になったのが、

「ダイオウグソクムシカレー」なる存在。

そのカレー食べる勇気ありますか?

画像-http://www.kaiyukan.com/topics/2015/01/topic_001440.html

スポンサーリンク

ダイオウグソクムシプロフィール

 

見た目はダンゴムシみたい。

それもそのはず、ダンゴムシやフナムシの仲間で、

最大の生き物と言われています。

 

体調は約20~40cm程度と言われておりますが、

大きくなると最大で50cm程にもなるとか。

 

ダイオウグソクムシの目は、「複眼」と言われ、

約3500個の目が集まって形成されています。

これも複眼の中では最大級だとか。

 

ダイオウグソクムシは、メキシコ湾や、インド洋、大西洋周辺の

深海200~1000メートルほどの深さの

海底砂泥地に生息している深海生物です。

 

その為、まだまだ謎の多い生物なんです。

 

深海の掃除屋

 

ダイオウグソクムシは、深い海の底に沈んだ

大きな魚やクジラなどの死がい、

また、弱った魚を食べて生きていると言われています。

 

まさに「深海の掃除屋」と呼ばれるだけありますね。

 

人間とダイオウグソクムシ

 

ダイオウグソクムシが初めて発見されたのが

1878年のメキシコ。オスでした。

 

そして1891年にはメスも発見されたと言われています。

100年以上も前から確認はされていたんですね。

 

今では人気のダイオウグソクムシですが、

漁師さんからは結構嫌われている存在だとか。

 

それは、せっかく網にかかった魚を食い荒らす為。

そのくせ、当のダイオウグソクムシと来たら、

地域によっては食べる所もあるようですが、

ほとんど身が無くニオイも臭い為、食べるには向かないとか。

 

そんなダイオウグソクムシのカレーが

今話題になっているんです。

 

スポンサーリンク

食べる勇気ありますか?ダイオウグソクムシカレー

001 (1) (1) (1) (1)

画像-http://webnoito.blog.fc2.com/blog-entry-3163.html?sp

 

ちょっと想像はしておりましたが、

ダイオウグソクムシの形をしたウインナーがリアルですね。

このカレーは広島県宮島水族館の食堂で、

ダイオウグソクムシ付き深海ブラックカレーとして

販売されているらしい。

 

価格は750円。

このカレーを注文すると

「赤ウインナーダイオウグソクムシ」の作り方が

書かれたシート(ダイオウグソクムシについての解説つき)が進呈されるとか。

newsplus-1426045792-30-490x300 (1) (1) (1)

画像-http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1426045792/

ちょっとほしい気もします。

 

最後に

 

ダイオウグソクムシを実際に食す地域では、

素揚げにして食べるんだとか。

 

そうする事でうま味が強く引き出され

美味と言われているそうです。

 

また、ベトナムでは、

ダイオウグソクムシをお鍋で食べる事もあるとか。

 

いずれにせよ、

いつでもどこでも簡単に食べれる食材ではないので、

チャンスがあれば試してみたい気もしますね。

コメント