ディズニーランドの暑さ対策!服装はコレ

スポンサーリンク
Pick up

ディズニーランドの暑さ対策!服装はコレ

夢の国ともいわれているディズニーランドは、季節に応じて様々なイベントが行われています。

夏の暑い時期には夏休みがあることも関係して、多くの人が訪れることでしょう。

しかしこの時期には暑さ対策を考えて出かけなければ、体調を崩してしまう可能性も出てきます。

夏のディズニーを存分に楽しむためにも、事前にどのような服装をしていけばよいのか、どのような点に注意すればよいのかをよく考えて、対策を練ってから出かけるようにしましょう。

スポンサーリンク

ディズニーランドの暑さ対策!服装はコレ

ディズニーランドの暑さ対策としてまず重要になるのが服装と言えるでしょう。

ディズニーランドには木々の植え込みや池もあるし、日陰に入れば涼しく感じるかもしれませんが、基本的に日差しと地面からの照り返しによって、そして大勢の人の熱気によって、街中にいるよりも暑く感じることでしょう。

真夏の暑い時期であればキャミソールやノースリーブなどの袖がないタイプの洋服を着る人も多いかもしれませんが、気温の高い日にはいくら対策をしていても、袖がなければ肩部分に日焼けをしてしまう可能性があります。

UVカットのカーディガンや、すぐに羽織れるような薄手のパーカーやシャツなどを用意しておく必要があります。

長袖であれば腰に巻いておくこともでき、必要になればパッと外して着用することができ、手荷物にもならずとても便利です。

昼と夜は違う

またディズニーランドは海の近くにあることから、夜になると昼間はちょうどよかった服装が、夜になると少し肌寒く感じることもあります。

気温自体の下がり方が緩かったとしても、日差しがなくなるので体感温度は低くなることでしょう。

1日動き回って汗をたくさんかき、その汗を着ている洋服はたっぷりと吸い込んでいます。この汗が体を冷やしてしまうこともあるでしょう。

このようなときにもやはり薄手の羽織ものがあれば非常に便利です。

ボトムスは?

ボトムスの場合には、軽く熱がこもらない素材やデザインのものを着用すると良いでしょう。

動きやすさといえばデニムを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、暑い時期には履いているだけで重苦しく、汗でぴったりとはり付いてきます。

ズボンを選ぶのであればショートパンツやキュロットなどの短いものがお勧めです。スカートをはくのであればふんわりとした動きやすいものを選ぶと涼しさも感じることができるでしょう。

ロングスカートであれば日焼けもせずに、綿やインド麻などの素材を選べば非常に涼しく感じます。

しかし、あまりにも長い丈のものを選んでしまうと、周りの人に踏まれてしまう可能性もあるため注意が必要です。

また真夏の暑い時期には水を使ったショーも開催されますが、その際にぬれるとスカートが透けてしまう可能性もあるので、ペチコートや裏地付きのスカートをはくようにしましょう。

スポンサーリンク

足元もお忘れなく

そして足元は歩きやすいようにスニーカーを選ぶ人が多く見られますが、夏なのでサンダルもお薦めです。

サンダルであれば水のショーでぬれたとしてもすぐに乾きます。ヒールが高いサンダルを選んでしまうと歩き疲れてしまうので、ヒールの低いサンダルを選んだほうがよいでしょう。

スニーカーを選ぶのであれば、濡れる可能性を考えて通気性の良いものを選びましょう。

真夏の暑い時期であるため、髪の毛の長い女性が髪の毛をまとめていると、油断して首の後ろを日焼けしてしまうかもしれません。

せっかくのディズニーランドなので、ディズニーキャラクターのタオルを首から巻いてみるのもよいでしょう。

日焼け止めも重要

そして、服装ももちろん大切ですが日焼け止めも非常に重要となってきます。

日焼けをする可能性のある時間はたくさんあり、ショーやアトラクションの待ち時間、移動中の陽ざしなど、夢中になってディズニーランドで過ごしているうちに、知らない間に日焼けしてしまったという可能性も出てきます。

日焼け止めを塗ることで日焼けを防ぐことができ、暑さを逃れているような気持ちにもなれるので、しっかりと入園前から塗っておくようにしましょう。

また、最近では塗るだけでなく飲むタイプの日焼け止めもあります。

飲む事によって全身の日焼け止め対策が出来るので、日差しの強い日にはかなり役立ちます。

飲む日焼け止めはコチラを参考にしてください

飲む日焼け止めヘリオケアウルトラDカプセルの効果と副作用と熱い口コミと
飲む日焼け止めヘリオケアウルトラDカプセルの効果と副作用と熱い口コミと 日差しがキツクなっていく今日この頃。 皆さんはどのような紫外線対策をしておられますか? 日焼け止めクリームを塗ったり、 UVカットの...

あると便利こんなアイテム

また必ず必要というわけではありませんが、レインコートを持っていると便利です。

水を使った濡れるイベントが行われるので、濡れるのが気になったり、イベントには参加したいけれどもびしょ濡れにはなりたくないという人にぴったりのアイテムです。

服装を押さえることができたら、次に体内からも暑さ対策を考える必要があります。

大切なことはこまめな水分補給となりますが、ジュース類やスポーツドリンク、お茶などいろいろな飲み物がある中で、やはり夏の暑さ対策としてもちいるものはスポーツドリンクがお勧めです。

夏の暑い時期には熱中症で倒れる人が続出しますが、熱中症は水分を取っていれば防げるというものではなく、塩分が重要なポイントとなります。

そのため塩分やイオンが豊富に含まれているスポーツドリンクをこまめに飲むことによって、厳しい暑さにも負けずに過ごすことができるでしょう。

さらには塩分を簡単に摂取できるものを持っていると安心です。干し梅や塩分を摂取できるキャンディーなどをポケットに入れておくと、少しの待ち時間に口に入れられるのでおすすめです!

最後に

暑さは、私たちの体調を乱す要因の一つです。

ディズニーランドを十分に楽しむ為にも、ちゃんと対策をして思いっきり楽しんじゃいましょう!

コメント