スポンサーリンク

部屋の暑さ対策!窓にちょっと一工夫!夏を快適に過ごしましょう

部屋の暑さ対策!窓にちょっと一工夫!夏を快適に過ごしましょう

夏を快適に過ごすには、室内をいかに涼しく保つかということが大切になります。

室温はいったん上がってしまうと下げるのが大変なんです。

窓を開けておけばある程度の状態を保つことができますが、防犯の問題もありますし、開けられない場合もあります。

だからといって諦めてしまう必要はありません。

暑さ対策のためのアイデアは他にもあるからです。色々なグッズも発売されていますので、自宅に合った方法を取り入れて室内を少しでも快適にしましょう!

電気代も節約できますよ♪

スポンサーリンク

部屋の暑さ対策!窓にちょっと一工夫

部屋の暑さ対策には、窓にちょっと一工夫するというアイデアも効果があります。

室温が上がってしまう原因のひとつに窓から入ってくる直射日光があげられます。

室内に直射日光を入れないように遮ることで、温度が上がらないようにすることが可能です。

窓からの直射日光を防ぐには、カーテンを使う方法やUVカットフィルムを貼るという方法、窓の外側にすだれや緑のカーテンを用意するといった方法があります。

家の構造により取り入れやすい方法や効果的な方法には違いがありますので、自宅に合った方法を選んで取り入れてください!

スポンサーリンク

カーテン

カーテンを使う方法では、遮光カーテンを利用するという方法があります。

仕事で日中、留守にする場合には遮光カーテンを使って直射日光の侵入を防ぐのは効果的です。

しかし、遮光カーテンを使って直射日光を防ぐ場合には、室内は真っ暗になります。

遮光率が低い、光が入ってきてしまうようなものでは暑さ対策には不十分ですし、室内はやはり暗いという問題が生じてしまいますので、日中、留守にしてしまう日ならよいですが、在宅している場合には不向きな対策です。

仕事をされている方でも休日は家にいる場合もありますので、遮光カーテンのみに頼る暑さ対策では不十分となります。

遮熱カーテン

そんなときに利用するとよいのが「遮熱カーテン」です。

レース状の遮熱カーテンであれば、室内は明るいままですし、窓を開けておいて風を通しながら利用することができます。

レースのカーテンだけでなく、遮光カーテンも遮熱効果のあるものに換えるとより効果的です。

遮熱カーテンの良いところは、夏場の遮熱だけでなく、冬場の保温にも効果が期待できる点です。

断熱効果が得られることで、夏場のエアコンの効きもよくできますし、冬場の暖房の効きもよくすることが可能になります。

カーテンを高機能なものに買い替えるだけなら簡単ですし、省エネ効果も期待できますのでメリットは高いです。

カーテンによる対策の場合、窓の外側への対策が出来ないような構造の家でも簡単に取り入れられるというメリットもあります。

外側に対策が出来ない、開けるのが難しい、といった場所にも無理なく取り入れられる対策ですから検討してみるとよいですよ♪

すだれ

外側への対策が可能であれば、すだれ利用してみましょう。

直射日光を外側から防ぐことが出来ますので室内の温度が上がるのを防ぐことができますし、入ってくる空気もすだれによって少し冷やすことができるため涼しく過ごすことができます。

目隠しの効果もありますから、他人の視線を気にすることなくできる暑さ対策です。

明るさも確保したい、という方は窓のサイズよりも一回り程度小さいサイズを選んで利用しましょう。

すだれを利用したいからといって、すべての場所に設置するのは避けましょう。

風通しが悪くなって逆効果になる恐れがあります。

利用するときには直射日光が気になるところにだけつけるとよいです。

緑のカーテン

暑さ対策には”緑”のカーテンを利用するという方法もあります。

緑のカーテンは植物を植えて直射日光を防ぐアイデアです。

おすすめの植物としては、西洋朝顔や夕顔、ヘチマやゴーヤといったものがあげられます。

実のなる植物を選べば収穫して食べることができますし、花が綺麗な植物を選べば見た目も楽しむこともできます。

植物を利用する緑のカーテンでは、好みに合わない臭いがするものなどを選ぶと苦痛になりますので、その辺を考慮して選びましょう。

また、植物ですから育つまでには時間がかかります。

必要な時期までに緑のカーテンとしての役割を果たせるように、始める時期にも注意をしましょう。

UVカットフィルム

UVカットフィルムを貼るという方法の場合、紫外線をカットすることで体への影響を防ぐことができますし、家具の日焼けを防いだり、ガラスが割れにくくなったり、ガラスが割れたときに飛び散らないなどといった効果を期待することができます。

しかし、UVカットのみの機能しかないフィルムでは熱に対する効果は期待できませんので暑さ対策としては不十分です。

UVカットフィルムを暑さ対策として利用したいなら、遮熱効果の有無を確認してから利用するようにしましょう。

最後に

暑さ対策のアイデアは色々とありますが、自宅に合った方法やライフスタイルに合った方法を選ばないと満足のいくものにはなりません。

どのような方法が自宅の窓には合っているのか、予算のことも含めてよく検討してから暑さ対策を行うとよいですよ♪

あっい夏を賢く快適に乗り切りましょう!