スポンサーリンク

暑さ対策を考えるなら知っておきたい通勤・通学時のアレコレ

暑さ対策を考えるなら知っておきたい通勤・通学時のアレコレ

暑い時期の通勤通学って地獄ですよね。

汗をかきやすいため心地いい時間とは言えなくなることがほとんどです。

暑くてそれだけでストレスがたまってしまいますし、オフィスや学校に行く途中で汗をかいてしまって帰宅するまで気持ちの悪いまま過ごさないといけないということになりがちです。

少しでも快適に一日を過ごすためにも、暑さ対策はとても大事になります。

何をどのようにしたら、汗を必要最小限に抑えることができるのかを紹介していきます!

スポンサーリンク

知っておきたい通勤・通学時の暑さ対策

通勤・通学の際にできる暑さ対策ですが、熱帯夜に暑さに苦しんだ朝は少しだけ熱めのシャワーで目を覚ましてさっぱりとさせることがおすすめです。

もちろん、それですぐに出かけてしまったら元も子もないので、出かけるまでの支度の間はクーラーをきかした部屋でしっかりと体を冷やしてさっぱり感を保つことも大事です。

女性なら化粧水とか乳液を、男性は下着とかソックスを冷蔵庫で冷やしてからつけると冷涼感を味わうことができます。

パウダー

下着とか洋服を身に着ける前に、脇とかデコルテや背中とかヒップなど汗をかきやすい場所にパウダーをはたいておいきます。

すると、肌がさらさらの状態を保つことができて、快適でとてもいい暑さ対策になります。

汗をかきやすい人は、背中にガーゼタオルを忍ばせておいて、オフィスとか学校で拭きとるようにしたらとてもさっぱりした気持ちになれます。

髪型

通勤・通学の際の暑さ対策で重要になるのはヘアスタイルです。

まとめ髪にすることでえりあしとかお顔周りはかなりすっきりしますし、そうするだけで体感温度は1度から2度下がると言われています。

ただしその分日差しにさらされてしまうという危険性があるので、首の後ろなどもきちんと日焼け止めを塗っておくことが大事です。

そうしなければ日焼けをしてしまい皮がむけたりして大変なことになってしまう恐れがあります。

最近は防止とか日傘を使って暑さ対策をする人がかなり増えてきています。

スポンサーリンク




冷やりジェル

それとあわせて、靴に冷んやりジェルの中敷きを敷くのも効果的です。

これがあるだけで足がむれることもありませんし、快適に通勤・通学することが可能になります。

遮熱機能があるアームカバーも販売されているので、自転車に乗ったり車の運転をする人にとったら日焼けを防止することができますし暑さ対策にもなります。

濡らして使うタオル

また水に濡らして使うタイプのタオルも暑さ対策に使うことができます。

このタイプのタオルを首筋に巻いたりひざに巻くことで暑さを軽減できます。気化熱によって体がクールダウンしてくれます。

通勤・通学でバスを待っている時間とか日差しが強い道を歩く時にもおすすめです。

車のサンシェード

通勤・通学を車でするという方は、車の中の暑さ対策もきちんとしておく必要があります。

車に乗った時には、まるでサウナかと思ってしまうくらいの暑さにうんざりする人も多いと思います。

私も朝出勤する時に車に乗るとすでに熱くてサウナのようになっているのでそれだけでストレスがたまってしまうくらいです。

すぐにエアコンをつけたとしてもなかなか涼しくならないので困っている方も多いのではと感じます。

そんな時には、サンシェードを使って直射日光からくる過熱を防ぐことです。

サンシェードをするだけで車の中の温度は約15度から20度くらい違ってくるので、屋外に車をとめているという人にはかなりおすすめです。

また、フロントガラスで日差しをブロックするだけでなく、屋根とかドアに取り付けておいたら効果がさらにアップします。

専用のものをわざわざ購入したらお金がかかりますが、レジャーシートとか発泡スチロールのパネルなどの代用品を置くことでも効果があるのでわざわざお金をかけたくないという人にはおすすめです。

着替え

歩いて通勤・通学をするという人は、どうしても汗をかいてしまいます。

そのため常に着替えを持参しておくと安心できます。

どんなに暑さ対策をしても夏なので汗をかいてしまうという人は多いです。

そんな時はオフィスとか学校についてから着替えるようにするだけでだいぶすっきりした気持ちになれます。もっていく着替えはインナーのみで十分です。

薄手のタオル

それと薄手のタオルを持っていき、学校とかオフィスに朝ついてからタオルを濡らして体を拭き着替えます。

それだけで快適に一日を過ごせます。

私もよく会社についてから体をタオルで拭いてインナーのみを着替えるようにしていますが、一日中汗をべったりかいたインナーで過ごさなくていいだけでとても快適に仕事ができるようになりました。

スプレーの日焼け止め

スプレーの日焼け止めが販売されていて、ひんやり感を売りにしているものもあります。

スプレーをした瞬間にマイナス5度まで冷やしてくれるスプレーなので日焼け止め対策をしながら暑さ対策もできるようになっています。

一本バッグにいれておいたら、通勤・通学途中に暑いと感じた時にいつでもスプレーができ冷んやりとして快適ですし、日焼け止めにもなるので日焼け対策にもなって一石二鳥です。

最後に

今回ご紹介した方法は、ほとんどお金のかからない方法ばかりです。

夏は暑いのが当たり前ですが、ちょっとした工夫でかなり体感は違ってきます。

賢く工夫して暑い夏を乗り切りましょう!

汗対策はコチラを参考にしてください!結構使える制汗効果ですよ!

パースピレックス・ロールオン・コンフォートの制汗効果と副作用と使い方&口コミ! 流れ落ちる汗の対策として制汗剤を利用されている...