スポンサーリンク

ピーナッツの効果効能!食べ過ぎ注意なダイエット

ピーナッツの効果効能!食べ過ぎ注意なダイエット

ピーナッツの効果や効能ですが、太りにくい良質な脂肪をたくさん含んでおり、アンチエイジング効果、生活習慣病の予防効果、ダイエット効果など数々の身体に良い効果や効能を期待することが出来るって知っていますか?

ピーナッツは一日の適量を守って摂取することによって、毎日を健康的に過ごす手伝いをしてくれる食品ということなんですが、今回は知られざるピーナッツの魅力をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ピーナッツの効果効能!

生活習慣予防

ピーナッツの効果や効能ですが、ピーナッツは半分は脂肪分でできています。ピーナッツを食べ過ぎると太るという概念のある人も多いと思いますが、含まれている脂肪は太りやすい動物性脂肪とはまったくの別物の脂肪になります。

ピーナッツの中に含まれている脂肪は太りにくい植物性の脂肪で、血液の中の中性脂肪や悪玉コレステロールを下げて、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果をもっている「オレイン酸」や「リノール酸」が多く含まれています。

オレイン酸やリノール酸は不飽和脂肪酸です。

オレイン酸はオメガ9脂肪酸といわれている脂肪酸で、身体にとって害となる悪玉コレステロールのみの数値を低下するはたらきをもっています。

そして、リノール酸は摂取しすぎると、がんになる可能性が高まりますが、オレイン酸はがんを促進することはありません。

しかし、いくら体に良い油といっても摂取しすぎるとカロリーの摂取しすぎによって肥満の原因になる上に、脳卒中などを起こす危険性も高まる危険性があるので適度な摂取を心がけるべきです。

ダイエット効果

ピーナッツの中に含まれている油は良質な太りにくい油ということになります。太る原因は油だけはなく、食べ物が消化されて体内の血糖値が急激に上がり、体内のインシュリンが余ってしまうとそれが糖質を脂肪に変換して、その結果肥満につながります。

血糖値の上昇度合いが高い食品は太りやすいということになります。ピーナッツはこの血糖値が上昇する度合いが非常に緩やかなので太りにくい食品ということになります。

決血流改善効果

ピーナッツにはビタミンやミネラル類もバランスよく含まれていて、中でもビタミンEは老化やガン、心筋梗塞、脳卒中の予防効果を期待することが可能です。

またアミノ酸の一種であるアルギニンは、血行を良くして冷え性や肩こりの改善効果も期待することが出来ます。

お通じ改善

ピーナッツの種皮には、大量のポリフェノールが含まれており、抗酸化作用をもっているポリフェノールの一種であるレスベラトロールが豊富に含まれています。

レスベラトロールは抗酸化力が強く、悪玉コレステロールを減少させることによって動脈硬化を防ぐので、心臓病やがんを予防する効果を期待することが出来ます。

食物繊維も豊富に含まれているので、便通を促してくれたり血糖値の上昇を抑えてくれます。
ナイアシンはアルコール代謝の促進に効果的です。

ピーナッツの注意点

ダイエットに気を付けたい

ピーナッツの注意点ですが、いくら体に良いといってもやはり食べ過ぎてはいけません。またバターピーナッツなどの油で炒って味付けされたようなピーナッツはにきびになりやすい過酸化脂質を多く含んでいるので、食べすぎには注意をする必要があります。

ピーナッツは天然グルテンフリーであるマメ科の植物ですが、砕いたものを練り上げて作っているピーナッツバターも原材料にグルテンが含まれていないのでグルテンフリーダイエットに向いていると思っている人がいるかもしれません。

ですが、グルテンは含まれていないものの消化機能に問題があるので、両方ともグルテンフリーダイエットの際には避けた方がよい食品の一つになります。

ピーナッツには「レクチン」や「フィチン酸」というような、栄養吸収を阻害するような成分が含まれています。

レクチンは他の食品に含まれているレクチンと比較してもとくに壊れにくい性質を持っています。他の食品に含まれているレクチンは適切に加熱調理すれば、レクチンの影響を軽減することが可能なのですが、ピーナッツに含まれているレクチンは加熱調理をしても影響を軽減することが出来ません。

アレルギーに気を付けたい

またカビが生えやすく、アフラトキシンという真菌毒が含まれている可能性があります。アフラトキシンを長期間摂取すると、がんなどになる可能性が高まってしまう可能性があります。

また消化機能に悪影響を及ぼすリーキーガットに連結したり、免疫反応を弱めてしまう可能性があります。カビアレルギーを持っている人はとくに摂取には注意が必要になります。

長鎖脂肪酸であるオレイン酸(n-9系)やリノール酸(n-6系)は、とても酸化しやすいので炎症性をもっていて代謝がよくないのも注意点のひとつになります。

炎症を抑える効果をもっているオメガ3脂肪酸とのバランスに注意をする必要があります。
ヒスタミンを多く含んでいることから、ヒスタミンに耐性がない場合はアレルギーなどに注意をする必要があります。

スポンサーリンク


ピーナッツの摂取量

ピーナッツの摂取量は1日20粒から30粒程度が適量だということができます。1粒0.5グラム程度として20粒で10グラム、58キロカロリー程度の摂取量がおすすめです。

普段は食べても大丈夫な人でも大量に食べたり、体調の悪いときに食べるとアレルギー反応が出たり、お腹を壊してしまうようなことも起こる可能性があるので、一日の摂取量はほどほどにするようにしましょう。

落花生は高たんぱく質の食品なので、仕事の合い間などの小腹が空いたときに食べると腹持ちが良いので、エネルギーが持続するのでおすすめです。

お酒を飲んだときにアルコールの代謝を助けてくるので、お酒のおつまみとしての摂取もおすすめです。

健康な食べ方

食べ方ですがそのまま食べても熱を加えて食べても、栄養価を損なうことはありません。不飽和脂肪酸であるオレイン酸やレノールさんは熱に弱くないので、好みの調理方法で食べることが出来るのも魅力の一つであると言えます。

薄皮の部分も出来れば一緒に食べることをおすすめします。

薄皮の部分にはポリフェノールが大量に含まれているので、抗酸化効果を得ることが可能です。食感が悪いので好きではない人もいると思いますが、一緒に薄皮を食べるとより高い健康効果を得ることが可能なのでおすすめです。

アンチエイジングな食べ方

アンチエイジング効果を求めて食べる場合は、食事の前の30分から食後1時間半の時間帯に食べるのがもっとも効果的です。

美容目的で食べる場合は、食事と一緒に摂取するか食後のデザートして食べることをおすすめします。

食事に含まれている老化物質であるAGEに結合し、吸収を阻害するはたらきをもっているのと、体内でのAGEの生成も阻害してくれるのです。

ダイエットな食べ方

ダイエットが目的で食べる場合は、食間に食べることをおすすめします。間食で食べることによって、血糖値の上昇を抑える効果を期待することが出来ます。

最後に

バターなどの加工品として摂取する際は、単品で食べるよりもエネルギーや糖分や油分に注意をする必要があるので、単品で食べるよりも摂取量に気をつける必要があります。