スポンサーリンク

熱中症予防と症状と対策!あなたの知識は間違っている?子供の場合はどうすれば?

img_kenkou_gum06_cl05006

暑い時期になると気になるのが“熱中症”

毎年、多くの方が病院に搬送され、

亡くなっている方もいますね。

熱中症にならない為に、

知っているようで知らない、

熱中症の情報をまとめてみました!

 

熱中症ってどんな症状?

 1397-1278491967

そもそも熱中症ってどんなものかご存知ですか?

熱中症とは、循環機能や発刊に異常をきたし、

体温の調節がうまく機能しないことにより引き起こります。

「熱けいれん」「熱疲労」「熱失神」「熱射病(日射病)」

4つの症状を総称して「熱中症」と呼んでいます。

では具体的にどんな症状が現れるのでしょう?

-熱けいれん-

汗を大量にかき、水分だけを補給し、

塩分を補給しなかった場合に起こります。

これは血液中の塩分濃度が低下した為に起こり、

手足や、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが

発生します。

・筋肉痛

・手足がつる

・筋肉のけいれん

-熱疲労-

大量の汗をかき、水分補給が追いつかない場合

いわゆる脱水状態になると熱疲労の症状が現れます。

・全身の倦怠感

・吐き気、嘔吐

・頭痛

・集中力、判断力の低下

-熱失神-

皮膚血管の拡張により圧力の低下を招きます。

脳の血流が減少し、

脈は早く弱くなります。

・めまい

・一時的な失神

・顔面素白

-熱射病(日射病)-

体温が40度以上になり、中枢機能に異常をきたします。

意識がハッキリしなくなり、ショック状態になることもあります。

・高体温

・意識障害

・ふらつき

・発刊停止

・血圧上昇

・頻脈

スポンサーリンク

熱中症の重症度

 images

軽度・・・熱失神、熱けいれん、など現場の応急処置で対応できる程度

・めまい

・失神

・筋肉痛

・こむら返り

・大量の発刊

中度・・・熱疲労、病院搬送が必要な程度

・頭痛

・吐き気

・嘔吐

・倦怠感

・虚脱感

重度・・・熱射病、入院が必要な程度

・意識障害

・けいれん

・手足の運動障害

・高体温

命のために知っていて欲しい緊急処置

130530need-to-drink-thumb-640x360

熱中症は、最悪死に至る恐ろしいものです。

一分一秒を疎かにしてはいけません。

イザという時のために、緊急処置を知っていて欲しい。

-熱けいれん-

緊急処置として、

軽度であれば、生理食塩水(0.9%程度の食塩水)を

補給すれば通常は回復します。

-熱疲労・熱失神-

緊急処置として、

涼しい場所に移動し、足を高くして横になります。

そして水分(0.1~0.2%の食塩水)を補給します。

手足から体の中心に向かって

マッサージをすると効果的です。

-熱射病(日射病)-

ためらわず、すぐに救急車を要請しましょう!

救急車到着まで、

風通しの良い日陰に移動し、

衣服を脱がせ、安静にします。

体に水を掛けたり、濡れタオルで体を冷やします。

首すじや脇の下、大腿部の付け根などの

大きい血管を水やアイスパックで冷やしたりして

体温を下げましょう。

うちわや扇風機も効果的です。

足を高くし、手足を末梢から中心部に向けて

マッサージするのも有効です。

意識状態が悪い時は、

吐いたもので窒息を起こさないように注意が必要です。

身体を横向きにして寝かせましょう。

冷やし過ぎには注意が必要です。

震えたり、唇が暗紫色になったら

保温をしましょう。

意識がしっかりしていても、意識が回復した状態であっても、

必ず医療機関で医師の診察を受けたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

熱中症にならないために

 images (1)

熱中症はしっかりとした知識を身につければ予防できます。

普段からポイント抑え心掛けてみてください。

◆体調を整える

体調の優れない日は無理をせず、

暑い日中の外出や運動は避けましょう。

◆こまめな水分補給

喉が渇いたと思うときは、既にかなりの水分を

失っている可能性があります。

定期的に少しずつ水分を補給しましょう。

スポーツドリンクがオススメです。

◆服装に注意する

通気性の良い服装がいいでしょう。

外出をする時は防止を着用しましょう。

◆年齢も考慮

体力の少ない高齢者や子供は熱中症になりやすいのです。

十分注意しましょう。

もしも子供が熱中症になったら?

 3de49eb08094307915566dc0de632cc9-556x376

子供は熱中症になりやすく、

体力も大人より少なく、重症になりかねません。

乳児は自宅と屋外、児童は学校での運動中で多く発生します。

日頃からよく注意することが必要です。

子供の熱中症の特徴

◆大人より暑さに弱い。

体温調節機能が未発達の乳幼児や小児は、

汗をかく機能が未熟です。

その為、体に熱がこもりやすく、

体温が高くなり易いのです。

◆照り返しの影響を受けやすい

子供は大人より身長が低いため、地面からの照り返しがきつく、

大人より高温の状況になり、約3度程度違いがあります。

◆自分では対策がとれない。

子供は、自分で対策が取れないことが多く、

熱中症の危険性が増します。

特に乳幼児は、自分で水分を摂取したり、

服を脱ぐといったことができません。

この為、保護者の対応が不適切だと、

熱中症になる恐れがあります。

子供の熱中症の予防方法

◆子供の異変を敏感に察知

常に子供を気にかけ、

異変がないように十分注意しましょう。

照り返しに注意

ベビーカーは地面からの照り返しの影響を受けやすいので、

地面からの位置が高いものを選ぶと、よいでしょう。

服装に注意

風通しが良く、涼しい服を選びましょう。

又、暑いからといって油断せず、

寒くなった時に、何か羽織るものを

用意しておくと便利です。

水分補給に注意

子供は遊びに夢中になると水分補給も忘れてしまいます。

こまめに水分を取らせましょう。

車内に置き去りは危険

「ほんの少しの間」といって油断してはいけません。

毎年、車内で子供が熱中症で脂肪というニュースが

流れています。

クーラーをつけていても子供が死亡するケースもあります。

実は後部座席はリアウインドウ越しに日光が入ってきて

クーラーをつけていても意外と暑いことが多いのです。

暑さ指数

 a0180796_23245525

地球温暖化の影響に伴ってか、

年々、熱中症患者は増加傾向にあるといいます。

環境省では、熱中症の予防に厚さ指数を公開しています。

特に外出するときなどは、是非活用してください。

環境省熱中症予防情報サイト

熱中症対策便利グッズ

 photo

熱中症対策グッズとして、

色々なグッズがありますね。

私が最もオススメしたいのが「温度計・湿度計」です。

会社や学校にはあるのを見かけたことがあるのですが、

自宅に室温を測る物ってなかなかないんですよね。

熱中症により自宅で死亡した多くの人は、

「クーラーを使用していなかった」ことが

分かっています。

熱中症は大丈夫と思っていて

「気づかない」なんてこともあります。

特に高齢者は注意が必要です。

私の両親は、近年叫ばれている

“節電をしましょう”という言葉に影響されて、

暑いのにクーラーをあまり使用しません。

ですが命より大切な節電なんてありません

室温計・湿度計を目安にして、

クーラーを上手に活用し、

暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク