スポンサーリンク

2016年お月見はいつ?由来とお団子の意味。お月見リサイタルを聞きながら?最高のお月見スポットを探る!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

fcfdff5abe1883c6e8dd9689a5b1ce37_s

秋の風物詩の一つと言えば“お月見”ですよね!

お月見といえば、月を眺めてお団子食べて・・・くらいしか、

思いつかないのですが、大人から子供まで、

お月見を手軽に楽しむために、いろいろ調査しました!

 

スポンサーリンク

 お月見リサイタル?「諦めない君を、いつだって支えてあげる」

“お月見”と検索すると「お月見リサイタル」なるものがヒットします。

お月見に誰かがコンサートでもするのかな?なんて思っていたら、

バーチャルシンガー初音ミクが唄う曲だったんですね!知らなくて・・・。

せっかくのお月見ですから、元気が出てきそうなこの音楽を聴きながら、

この記事を読んでいただけたら幸いです。

お月見って何?

そもそもお月見とは、旧暦の8月15日にお月様を鑑賞する行事になり、

この日のお月様は、「中秋の名月」「十五夜」「芋名月」なんて呼ばれています。

“中秋”とは、旧暦の秋(7月、8月、9月)の真ん中の「日」を指す言葉で

旧暦の8月15日のことになります。

“仲秋の名月”という言葉もありますが、

こちらの意味は、初秋(旧暦7月)、仲秋(旧暦8月)、晩秋(旧暦9月)の

旧暦8月の「月」を指すので、十五夜の月でなくなってしまいます。

したがって「中秋の名月」のほうが正しくなります。

「十五夜」とは、本来満月のことになります。

ですので、1年に12~13回巡ってきます。

そして旧暦の8月15日は一年のうちで最も空が澄み渡り、

お月様が明るくて美しいとされていたため、

平安時代から観月の宴が開催されるようになりました。

お月見の由来

お月見の由来は、実はよく分かっていないようなのですが

最も有力な説をご紹介します。

発症の地は中国。昔の中国では、月見の日に

里芋を食べる習慣があったそうです。

どうして里芋だったかというと、

お本来、お月見の日は里芋の「収穫祭」であったと言われています。

そして、次第に中国の宮廷行事としてお月見が行われるようになります。

日本に伝わったのは、奈良~平安時代頃と思われ、

当時の貴族たちは、直接月を見るのではなく、

水面に写る月を船などにのって楽しみながら歌を詠む舟遊びが

流行っていたそうです。

又、日本では旧暦の8月15日だけでなく、

9月13日にも月見をする風習があり、

8月15日を「十五夜」と呼ばれるのに対し、

9月13日を「十三夜」「後の月」「栗名月」「豆名月」

とも呼ばれています。

そして、どちらか一方のお月見だけをするのは「片見月」と呼ばれ、

“災いが来る”といって忌み嫌われていました。

スポンサーリンク

中秋の名月は満月じゃない?

旧暦の8月15日が中秋の名月とされていますが、

必ずしも満月ではありません。といいますか、

満月ではないほうが多いそうです。

そして、旧暦は月の満ち欠けで日付を決めるものになり、

現在の太陽歴とは考え方が異なります。

その為、お月見の日は毎年同じ日ではなくなります。

そんな訳で、ここ近年の旧暦の8月15日と満月の日、

そして旧暦の9月13日と満月の日をご紹介します。

中秋の名月満月
旧暦の8月15日
2011年9月12日9月12日
2012年9月30日9月30日
2013年9月19日9月19日
2014年9月8日9月9日
2015年9月27日9月28日
2016年9月15日9月17日
2017年10月4日10月6日
2018年9月24日9月25日
2019年9月13日9月14日
2020年10月1日10月2日

後の月満月
旧暦9月13日
2011年10月9日10月12日
2012年10月27日10月30日
2013年10月17日10月19日
2014年10月6日10月8日
2015年10月25日10月27日
2016年10月13日10月16日
2017年11月1日11月4日
2018年10月21日10月25日
2019年10月11日10月14日
2020年10月29日10月31日

 なぜお団子とススキを飾るの?

一般的にお月見には、お団子をお供えして、

ススキを飾りますが、どうしてお団子とススキなのでしょうか?

 お団子

昔は月を信仰の対象としていたこと、

そして先程も記述しましたが、お月見は“収穫祭”であり、

収穫した里芋や米で作った団子をお供えしたとか。

時が経ち、現在は里芋よりも米で作った団子が主流になりましたが、

地域によっては、里芋をお供えしているところもあるそうです。

ちなみに、お団子はいくつ供えればいいのでしょう?

それには説が2つあります。

一つ目の説は「満月の数=12個」とされています。

その年に出た満月の数を供えると言われています。

注意したいのは、平年は12個ですが、

閏年は13個になります。

二つ目の説は「十五夜⇒15個」と言われています。

ですから一三夜は13個になりますね。

ススキ

ススキは稲穂に似ているために飾られ、

稲穂を自体を飾られる場合もあるそうです。

ススキは切り口が鋭いことから魔除けの力があるとされ

お月見で供えたススキを家の軒先につるしておくと、

“一年間病気をしない”と言われています。

スポンサーリンク

京都で見るお月見スポット

「月見の宴」は、平安時代初期、貴族の間で流行した行事。

どうせなら、お月見をとっておきの場所で楽しみたい

という方にオススメです!夜の京都はマジでヤバイです!

水面に映るお月様スポット

◆渡月橋

アクセス : 市バス、京都バス「嵐山」下車徒歩約8分

         嵐電嵐山線「嵐山駅」下車徒歩約10分

◆賀茂大橋

○アクセス : 京阪電車鴨東線「出町柳駅」下車すぐ

          市バス、京都バス「出町柳駅前」下車すぐ

◆四条大橋

○アクセス : 京阪電車「祇園四条駅」下車すぐ

           市バス、京都バス「四条京阪前」下車すぐ

 お月見スポット

◆青蓮院門跡

○住所 : 京都市東山区粟田口三条坊町

○電話 : 075-561-2345

○アクセス : 地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩約5分

                    市バス「神宮道」下車徒歩約3分

◆高台寺

○住所 : 京都市東山区下河原町

○電話 : 075-561-9966

○アクセス : 市バス「東山安井」下車徒歩約5分

◆圓徳院

○住所 : 京都市東山区下河原町

○電話 : 075-525-0101

○アクセス : 市バス「東山安井」下車徒歩約5分

◆宝厳院

○住所 : 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36

○電話 : 075-861-0091

○アクセス : 市バス「嵐山天龍寺前」、京都バス「京福嵐山駅前」下車すぐ

JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車徒歩約10分

お月見

忙しい毎日を生きる現代の私達。

夜空をゆっくり眺めるなんてことが

少なくなってきたのではないでしょうか?

そんな今だからこそ、平安の時代のように

優雅に夜空を眺めてみませんか?

月の神秘的な魅力を感じることができるかもしれませんよ。

ゆったりとした時間を過ごすことで

日々のストレスの解消にも役に立つかも?ですね。

25693905  にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ