スポンサーリンク

ココナッツオイルを食べるだけで認知症改善があるって言う嘘みたいな話

bde458afd37840624e57d3fdf8a3b206_s (1) (1) (2) (1) (1)

今、アルツハイマー型の認知症の改善に

ココナッツオイルが注目を集めています。

食事にココナッツオイルを加えるだけらしいのですが、

本当でしょうか?

一体、何故ココナッツオイルが認知症に効果があるのか?

効果は本当なのか?疑問を抱きました。

ですがそれがもし本当なら・・・。

スポンサーリンク

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー病と認知症は混同されがちですが、

アルツハイマー型認知症とは、

アルツハイマー病が引き起こす認知症であり、

認知症を患う方の大半がアルツハイマー型の認知症と

言われています。

つまりアルツハイマー型認知症が改善できれば

多くの認知症で苦しんでいる方々を救うことができるんです。

そしてココナッツオイルで改善が見られる認知症が

アルツハイマー型認知症になります。

以下、認知症=アルツハイマー型認知症として

分かりやすくご説明いたします。

認知症の原因

まず、認知症の原因についてですが、簡単に言いますと

“神経細胞に栄養が行き届かない”ことが原因になります。

人間の体は、食べ物を摂取する事で、

グルコース(ブドウ糖)に変換し、

それをエネルギー源として生きています。

ストレスや生活習慣、そのほか様々なことが原因で

神経細胞がこのグルコースをうまく利用することができなくなり、

急激に老化を早め認知症になると言われています。

ココナッツオイルが認知症に効果がある理由はケトン体が鍵

ココナッツオイルには“中鎖脂肪酸”と言われる

天然成分が含まれています。

この中鎖脂肪酸って聞きなれない方も多いと思いますが、

実は、とっても身近な成分で母乳にも含まれているんです。

で、この中鎖脂肪酸は肝臓で“ケトン体”という物に分解されて

エネルギー源として利用されるんです。

つまり、簡単にまとめると人間を動かすエネルギー源には

グルコース(ブドウ糖)とケトン体があるという事なんです。

神経細胞がグルコースをうまく利用できなくなっても、

ケトン体をグルコースの代わりに補給してやれば

認知症が改善されると言う訳なんです。

そして,ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が約60%も

含まれているといいます。

これは試してみる価値アリです。

では、具体的にどうやってココナッツオイルを

使えばいいのでしょうか?

ココナッツオイルを食事に入れてみる

ココナッツオイルは酸化しても安定していると言われていますので、

炒め物や煮込み物といった加熱調理に適しているそうです。

カレーや洋風スープに加えてもいいですし、

みそ汁にココナッツオイルを加えるのも良いですよ。

つまり、普段の食事にいつもココナッツオイルを加えていけば

美味しく手軽に認知症の改善予防に繋がるという訳です。

ココナッツオイルの摂取量は、大さじ1、2杯を

1日3回摂取することでケトン体の濃度を維持することができ、

認知症の改善予防になると言われています。

ですが、毎回食事に大さじ1、2杯というのは

日本人の食事からすると少し多いのです。

ですから、コーヒーやお菓子に入れてみたり、

そして、ココナッツオイルは肌にも良いと言われていますので

肌に塗ってみたり、食べるだけでなく

いろんな形でココナッツオイルと付き合う事が良いでしょう。

ちなみに、トップモデルのミランダ・カーも愛用のココナッツオイルが

こちらになります。

ミランダ・カー曰く、

「EVCO(エキストラヴァージンココナッツオイル)なしでは

1日を過ごすことができない!」

とも言っておられるそうですよ。

ココナッツオイルの効果はコチラ

更に食事に加えるのは難しいという方にオススメなのがサプリメント。

食事だけでは十分な量を補えない方は、

サプリメントを併用することで手軽に対応できそうです。

またかよって感じ「個人差がある」って言葉。

こういった問題には、

当たり前のようにこの言葉がつきまといます。

そしてココナッツオイルも例外ではありません。

アレルギーの方もいるようなのです。

こちらの記事も是非チェックしてみてください。

ココナッツオイルの効果に副作用とアレルギーはあるのか?

そしてアレルギーの他にも原因があり、

そもそもケトン体自体が効かない人もいるようなのです。

ケトン体濃度がうまく上がらないといった方や、

神経細胞自体が死んでしまっている人には、

ココナッツオイルは効果が見られない可能性があると

言われています。

認知症改善予防はココナッツオイルだけじゃない

ココナッツオイルが認知症改善予防に効果があることは

臨床実験でも証明されていて、

今、最も効果があるとおっしゃる方もいるようです。

ですが、ココナッツオイルだけがいいわけではありません。

認知症には、適度な運動、食事、ストレス発散が大切なのです。

特に1日30分のウォーキングは、とても効果的でガンやその他、

多くの病に効果があると言われています。

そして“シロスタゾール”と言われる物の研究もされています。

詳しくはコチラで。

人事ではないアルツハイマー型認知症

ココナッツオイルが認知症に良いと言われても

決して病気を治すものではありません。

しかし、多くの改善事例が報告されていることは事実です。

現在、発症していない方にも

これから発症するかもしれない人にとっても、

ココナッツオイルの効果は希望の光になります。

最近のココナッツオイルブームの火付け役とも言われてい

メアリー・Т・ニューポートさんの著書

『アルツハイマー病が劇的に改善した!』では、

ココナッツオイルを摂取することに当たり、

大変有益な情報が書かれています。

機会があれば、是非、ご一読されてはどうでしょう。