スポンサーリンク

初夢とは?「一富士二鷹三茄子」って?案外知らない夢の話。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

初夢

日本人だけでなく、我々はよく縁起を担ぎますね。

新年の縁起物といえば「初夢」

「一富士二鷹三茄子」なんてよく言いますが、

そもそも「夢」とは何なんのでしょう?

どうして人間は夢を見るのでしょう?

その辺を初夢を交えて考えてみたのですが、

少しお付き合いください。

スポンサーリンク

初夢とは?

元日(1月1日)から2日の夜、または、2日から3日の夜に見る夢とされて、

この夢の内容で、1年の運勢を占う風習があるのです。

そして初夢に見ると良いとされているのが「一富士二鷹三茄子」

江戸時代には、すでに初夢で今年1年の運勢を表す習慣があったそうです。

では、どうして「一富士二鷹三茄子」なのか?

その由来は以下のようなものがあります。

・徳川家縁の地である駿河国での“高い物”の順。富士山、愛鷹山、初物の茄子の値段

・富士山、鷹狩り、初物のなすを徳川家康が好んだことから

・富士山は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、茄子は事を「成す」

・富士は「無事」、鷹は「高い」、茄子は事を「成す」という掛け言葉

等と言われています。

そして、実は「四」以降も存在するのです。

それは、地方によりいくつか存在するのですが、一般的には、

「四扇(しおうぎ、よんせん)、

五煙草(多波姑)(ごたばこ)、六

座頭(ろくざとう)」

と言われています。

更に、「一富士二鷹三茄子」と「四扇五煙草六座頭」は、

それぞれ対をなしているんです。

・富士と扇

末広がりで子孫や商売などの繁栄

・鷹と煙草の煙

上昇するので運気上昇

・茄子と座頭

毛がないので「怪我ない」と洒落て家内安全を願うと言われています。

スポンサーリンク

では、夢とは?

夢は記憶の断片から引き出されていて

それは無意識によるものになります。

意味不明に見えても潜在意識の中で

様々な出来事を一つのストーリーとして繋げているんです

「一富士二鷹三茄子」の初夢を見るには

現実世界で何らかの関わりが必要なようですね。

人は、なぜ夢を見るのか?

「夢は欲求不満の表れだ」と言う人います。

ダイエット中に、焼肉を食べて幸せいっぱいになる夢を見たり、

禁煙中にタバコを吸う夢を見たり。

恋人がいない人がデートをする夢を見たり。

こうした夢は、

その人の欲求不満が夢になって表れたとも言われています。

又、悪夢はストレスが溜まりすぎた時に見ると言われていて、

一般的には約半分の人が時々悪夢を見ると言われています。

しかし危険な夢は良い兆しとも言われているんです。

夢が記憶に残らない理由

人間は夢を見ない日はないと言われています。

ですが、私たちはその殆どを覚えていません。

実は、起きた時に覚えているのは、

1%程度に過ぎないとされています。

なぜ「夢」は目が覚めたら忘れてしまうのか?

それは、「現実と混同しないように」からなんです。

現実と夢が重なり合うことで

日常生活に悪い影響をもたらす危険があるからなんです。

夢を全て記憶していると昨日あった出来事と

睡眠中に見た夢と分からなくなりますよね?

時々、今のは夢だったのか?なんて考えることがありますが、

時間が経つと現実世界の中で夢の内容を忘れ

現実と夢を区別できるようになっているのです。

スポンサーリンク

夢を忘れない方法

いい夢を見た時、夢を忘れたくないなんて思った事はありませんか?

実は、見た夢を忘れない方法がいくつかあるのですが

その代表的なものをご紹介致します。

夢の日記

一番、簡単で有名な方法が睡眠中に見た夢を

起床後すぐにノートに書き留めるというもの。

ベッドの横にノートと筆記用具を準備しておき

目覚めたら即座に記入します。

顔を洗ったり朝食を食べたりしてからでは忘れてしまいますので

起きたらすぐがポイントです。

まさに「夢は儚い」のです。

後で夢の日記を読み返してみると

驚く程記憶が蘇ることに驚かされますよ♪

ここまでくれば良い初夢を見る為にも、

寝る方角なんて気になりませんか?

北枕は縁起が良くないとか、

そっちは鬼門だとか結構深い意味があるんです。

気になった方はコチラを参照してください。

楽しい夢を見るのではなく

夢を現実にできるように日々精進する。

それができれば苦労はありませんよね。

せめて縁起のいい夢を見て

夢の中だけでも良い思いをしたいものです。

25693905  にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク