スポンサーリンク

しゃっくりの原因とは?すぐに止める方法をご紹介致します!

仕事の時や冗談が通じない大事な時、

「しゃっくり」って止まらないと結構厄介なんですよね。

しゃっくりが止まらない時なんて、

夜に寝付く事もできないんです。

そんなしゃっくりが超意外で簡単な方法で「ピタッ!」と

止めることが出来るんです。

その方法をご紹介致します。

スポンサーリンク

そもそもしゃっくりって何なの?

しゃっくりとは、

水を肺に入れない為に起こるの反射的な物と考えられています。

しゃっくりは、横隔膜の痙攣と同時に声帯が閉まることで起こり、

しゃっくりの時にでる「ヒック」は、声帯が閉まるときに出る音です。

しゃっくりの原因は?

黒幕は「延髄」にあります。

喉の奥には延髄につながるものがあり、

食べ物を食べた時などに刺激され、延髄が興奮状態になるといいます。

そして延髄が興奮することで横隔膜が痙攣し、

声帯が閉まる事でしゃっくりが出るんですね。

でも、延髄の興奮が収まらないことには、

しゃっくりが止まらないのです。

なぜ延髄の興奮が収まらないことがあるのか?

それは大脳に問題があると思われています。

脳は延髄の興奮状態を抑える働きをするのですが、

脳の出血などによってその働きが阻害されている事があるんです。

つまり、脳に変わって延髄の興奮状態を抑えることが

しゃっくりを止める事に繋がるんです。が、その方法とは・・・。

スポンサーリンク

超簡単!しゃっくりを止める意外な方法

「両耳に指を入れて、30秒~1分間、痛みを感じるくらい強く押す」

たったこれだけなんです。

そうすることで延髄の興奮を抑えることが出来るんです。

耳には延髄の興奮を抑える神経があり、

刺激をすることで延髄の興奮が抑えられるんですね。

この方法でしゃっくりが止まる確率はなんと70%!

是非試してみてください!

注意!

ぜんそく等の呼吸器の病気や心臓病等の循環器の病気の方は

耳を押さないでください。

 

又、1週間以上しゃっくりが続く方は、

深刻な病気がひそんでいる危険性もあるので、

医療機関の受診をオススメ致します。

足のしゃっくりを改善して快眠生活をしましょう

人間の下半身にもしゃっくりがあるってご存知ですか?

例えば、ときどき足が「ピクッ」ってなる事はないですか?

それが「下半身しゃっくり」。

正式名称を「周期性四肢運動障害」といって

あまり知られていない病気の一つです。

就寝中に下半身しゃっくりが何度も出ることで

睡眠が妨げられてしまうのです。

スポンサーリンク

下半身しゃっくりの原因

普通のしゃっくりの原因は「延髄」でしたが、

下半身しゃっくりの原因は「脊髄」にあります。

実は、脊髄には脳の指令に関係なく

足を動かすことができるのです。

延髄がなぜ?足を動かすのか?

その原因は血液中にある「フェリチン」という鉄分の不足にあります。

「フェリチンとは?疲労、イライラ、肌荒れ、不眠、うつ、息切れ劇的改善!

隕石から出来た魔法の薬!?」

について詳しくはコチラ

鉄分を上手に補給することはもちろん大切なのですが、

効果がすぐには現れません。

ですが、薬でも下半身しゃっくりを止める事ができるといいます。

即効性があり、1日で治る方もいるといいます。

自分で見分ける下半身しゃっくり

足が「ピクッ」ってなり、睡眠が妨げられるなんて人は

以下の要領で確認してみてください。

「1時間座って脚を伸ばす」

この時に足がピクッと動くとすれば下半身しゃっくりの

疑いがあると考えられます。

気になる人は、一度睡眠外来へご相談してみて下さい。

実は怖いしゃっくり

「しゃっくり」って止まらないときは本当に止まらない

辛い症状ですよね。

世の中には、

何年もしゃっくりが止まらずに悩んでいる方がいるといいます。

そんな方々にとって少しでもこの記事が参考になれが幸いです。