スポンサーリンク

茅の輪くぐりの由来とは?茅の輪くぐりで無病息災!

茅の輪くぐりの由来とは?茅の輪くぐりで無病息災!

茅の輪くぐり由来

大祓神事の一つ「茅の輪くぐり」

最近ではご家族で参加する人も多いとか。

ですが茅の輪くぐりとは一体なんなのか?

茅の輪くぐりの由来などを調べてみました。

 画像-http://www.motoise.jp/main/blog/displog/165.html

スポンサーリンク

茅の輪くぐりとは

茅の輪くぐり(ちのわくぐり)とは、

大祓(おおはらえ)で行われる除災行事の一つです。

毎年6月と12月の最終日に、茅(ちがや)で出来た輪をくぐり、

半年間の犯した罪や、穢れを取り除き、無病息災を願います。

最近では茅ではなく、芦を使うことが多くなっているようです。

6月の大祓を「夏越神事(なごしのはらえ)」

「六月祓」「夏越」「名越」とも呼ばれています。

それに対し、12月の大祓は

「年越の祓(としこしのはらえ)」と呼ばれています。

通常、茅の輪くぐりは、夏越の祓に行われる行事ですが、

最近では、年越の祓でも行われているようです。

茅の輪くぐりの由来

茅の輪くぐりとは

画像-http://www.city.hakui.ishikawa.jp/sypher/www/event/detail.jsp?id=51

どうして茅の輪をくぐるようになったのでしょう?

それは遠い昔、日本の神話の時代になります。

太陽の神様である天照大神(アマテラスオオミカミ)の弟、

素盞鳴尊(スサノオノミコト)が旅をしている途中、

蘇民将来(ソミンショウライ)、

巨旦将来 (コタンショウライ)という

兄弟に宿を求めました。

しかし、弟の巨旦将来は裕福にも関わらず、

これを断りました。

ですが、兄である蘇民将来は、

貧しいながらも快く引き受け、

厚くもてなしたといいます。

このことに感服した素盞鳴尊は、

数年後、再び蘇民将来の元を訪れ、

「もし疫病が流行した時は、

茅の輪を腰につけて難を免れよ」

教えたといいます。

そして疫病が流行した時、

巨旦将来の家族は病に倒れましたが、

蘇民将来は教えを守り、難を免れました。

現在では茅の輪を腰に付けるのではなく、

どんどん大きくなり、くぐるようになったんですね。

知ってますか?茅の輪くぐりの作法!

やってはいけないくぐり方?

茅の輪くぐりの有名な神社とは。コチラ

スポンサーリンク

素盞鳴尊とはご存知の方もいると思いますが、

凄まじい暴力と武勇の持ち主の神として知られていて、

八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治したとしても有名ですね。

素盞鳴尊は少し多面的な人格の傾向があり、

母を想い泣き叫ぶ一面もあれば、

凶暴な一面もありと、少し変わった神様。

ですがやはり神様。

人から貰った恩は忘れないんですね。

蘇民将来は最近聞かなくなった、

「情けは人の為ならず」を思い出させてくれました。

話は少し変わりますが、最近の若い人たちは、

「情けは人の為ならず」の解釈を、

「情けをかけることは、結局はその人のためにならない

(のですべきではない)」という意味と思われているようですが、

正しくは、

「情けは人のためではなく、

いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、

誰にでも親切にしておいた方が良いという意味です。

間違えないようにしましょう!

いろんな人に優しくできる蘇民将来のように

成長したいものですね。