スポンサーリンク

東野圭吾のゴーストライター疑惑。その真相を探る。

東野圭吾

「ゴーストライター」と聞けば、

最近、世間を賑わせているのが、

佐村河内守氏のゴーストライター問題だ。

それに飛び火してか、人気小説家の東野圭吾にも、

密かに疑惑の目が向けられ始めている。

他にもたくさん疑惑を持たれている有名人をがいる。

「火のないところに煙は立たず」というがその真相を探る。

画像-insightchina.jp

スポンサーリンク

東野圭吾プロフィール

本名 : 同じ

生年月日 : 1958/2/4

出身地 : 大阪府大阪市生野区

処女作 : 放課後

学歴 : 大阪府立大学工学部卒業

エンジニアとして働きながら、

85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。

デビュー以来、数々の賞を受賞。

加賀恭一郎シリーズや、ガリレオシリーズなどは、

誰もが一度は耳にしたことがあると思う。

東野圭吾のゴーストライターは存在するのか?

まず、私は東野圭吾の作品をテレビでは拝見したことはあるが、

実際に本を手に取り読んだことはない。

あくまで客観的視点からの感想である。

結論から言うとゴーストライター疑惑は、

疑惑の域を出ない。

では、なぜネット上で騒がれているのか?

理由の一つがその出版スピードである。

以下は東野圭吾の作品一覧

1 放課後 1985年
2 卒業 1986年
3 白馬山荘殺人事件 1986年
4 学生街の殺人 1987年
5 11文字の殺人 1987年
6 魔球 1988年
7 ウインクで乾杯 1988年
8 浪花少年探偵団 1988年
9 十字屋敷のピエロ 1989年
10 鳥人計画 1989年
11 眠りの森 1989年
12 殺人現場は雲の上 1989年
13 ブルータスの心臓 1989年
14 探偵倶楽部 1990年
15 宿命 1990年
16 犯人のいない殺人の夜 1990年
17 仮面山荘殺人事件 1990年
18 回廊亭殺人事件 1991年
19 天使の耳 1992年
20 ある閉ざされた雪の山荘で 1992年
21 美しき凶器 1992年
22 同級生 1993年
23 変身 1993年
24 分身 1993年
25 浪花少年探偵団・独立編 しのぶセンセにサヨナラ 1993年
26 怪しい人びと 1994年
27 むかし僕が死んだ家 1994年
28 虹を操る少年 1994年
29 パラレルワールド・ラブストーリー 1995年
30 あの頃ぼくらはアホでした 1995年
31 怪笑小説 1995年
32 天空の蜂 1995年
33 名探偵の掟 1996年
34 どちらかが彼女を殺した 1996年
35 悪意 1996年
36 名探偵の呪縛 1996年
37 探偵ガリレオ 1998年
38 秘密 1998年
39 毒笑小説 1998年
40 私が彼を殺した 1999年
41 白夜行 1999年
42 嘘をもうひとつだけ 2000年
43 予知夢 2000年
44 片想い 2001年
45 超・殺人事件 ? 推理作家の苦悩 2001年
46 サンタのおばさん 2001年
47 レイクサイド 2002年
48 時生 2002年
49 ゲームの名は誘拐 2002年
50 手紙 2003年
51 おれは非情勤 2003年
52 殺人の門 2003年
53 幻夜 2004年
54 ちゃれんじ? 2004年
55 さまよう刃 2004年
56 黒笑小説 2005年
57 容疑者Xの献身 2005年
58 さいえんす? 2005年
59 夢はトリノをかけめぐる 2006年
60 赤い指 2006年
61 使命と魂のリミット 2006年
62 たぶん最後の御挨拶 2007年
63 夜明けの街で 2007年
64 ダイイング・アイ 2007年
65 流星の絆 2008年
66 ガリレオの苦悩 2008年
67 聖女の救済 2008年
68 パラドックス13 2009年
69 新参者 2009年
70 カッコウの卵は誰のもの 2010年
71 プラチナデータ 2010年
72 白銀ジャック 2010年
73 あの頃の誰か 2011年
74 麒麟の翼 2011年
75 真夏の方程式 2011年
76 マスカレード・ホテル 2011年
77 歪笑小説 2012年
78 ナミヤ雑貨店の奇蹟 2012年
79 虚像の道化師 ガリレオ7 2012年
80 禁断の魔術 ガリレオ8 2012年
81 夢幻花 2013年
82 祈りの幕が下りる時 2013年
83 疾風ロンド 2013年

驚異の出版数である。

特に1985年には5冊もの作品を書き上げている。

そして多くのヒット作品を生み出している。

常識的に考えて、これだけのミステリーを一人の人間が

書きあげることができるのだろうか?

スポンサーリンク

時間は誰にでも平等で、東野圭吾だけが1日100時間あるわけではない。

ゴーストライターの存在なしに、こんな芸当ができるのか?

東野圭吾の作品をよく読む人の中には、

あまりにも文章が陳腐で書いている人の技量が未熟な作品がある

だから「ゴーストライターの存在は明らか」だと述べている人もいる。

東野圭吾は沢山の優れた作品を創りだすことができる天才か?

それともゴーストライターを使い世間を欺いているのか。

疑惑を持たれてもそんなに不思議はない。

内容は読む人の主観によることもあるだろうが、

出版スピードの視点からすると、

東野圭吾だけが驚異の出版数だけではない。

少し調べただけでも、

小説家・漫画原作者の西尾維新、

作家、工学博士の森博嗣、

ベルセルクで知られている三浦建太郎、などが知られている。

疑惑の域が出ないうちは、東野圭吾は天才小説家と考えたい。

ゴーストライターは悪なのか?

ゴーストライターとは、書籍や記事、脚本などの代作を生業とする

著作家のことであるが、その存在のイメージは悪い。

しかし、個人的には、誰が書いても問題はない。

作者には興味がない。と考える。

問題は、「傑作」なのか「駄作」なのか

読者が楽しめるかどうかだと思う。

良く出来た作品なのに、作家が無名のために、

日の目を見ない作品も、たくさんあるに違いない。

有名作家のブランドを借り作品を世に広めることができるのなら、

ゴーストライターもアリなのか?

と思ってしまう私は世間知らずなのかもしれない。

ゴーストライターを生業としている人は

いつまでも影の存在として生きていきたいと思う人は少ないと思う。

もし、有名作家に優秀なゴーストライターがいるとしたら、

有名作家がゴーストライターに助けてもらっていたのなら、

少しはゴーストライターが世に出るための手助けを

有名作家はするべきと考える。