スポンサーリンク

節分とは?どうして豆をまくの?恵方巻き?鰯の頭と柊木とは。

節分節分の日に「鬼は外」「福は内」って言いながら

豆を巻く家庭も多いのではないでしょうか?

そして忘れてならないのが恵方巻き。

丸かじりをして願い事をする人も結構いますよね。

最近は、夏にも恵方巻きを食べる習慣があるって知ってました?

節分、恵方巻きについて色んなこと分析しちゃいました!

スポンサーリンク

節分って何?

そもそも節分とは一体なんなのでしょうか?

もともとは、「季節を分ける」ことから「節分」といいます。

それぞれの季節が終わる日、

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日は全て節分なんです。

ですが最近は、立春の前日2月3日を言います。

日本では昔から立春が一年の始まりとされています。

つまり、昔は立春の前日が大晦日だったんですね。

なんで節分に豆まきするの?

節分に豆まきをするようになったのは室町時代と言われています。

古来、人々は災害、疫病、厄災、邪気、

そして人の心に住む妬み、欲望、恨みといった醜い感情は、

鬼の仕業と考えられていました。

人間の力ではどうしようもない鬼の力に対抗すべく、

鬼の力を祓う力があるという穀物(豆)を撒き、

邪気を祓い福を呼び込もうと考えられたのです。

そして邪気や厄の象徴である鬼が、

季節の変わり目に出ると言い伝えられていました。

そんな心にある悪い欲望を外に追い出すために、

「鬼は外」「福は内」と言いながら豆をまいたとされています。

又、「鬼」が「おに」と読まれるようになったのは平安時代以降。

目に見えないものを意味する「陰(おん)」が転じて、

「おに」と読まれるようになったのだそうです。

そして江戸時代は、春をむかえる厄払いの行事として、

諸国の神社や家庭に広がり、体を豆でなでて厄を移したり、

年齢の数だけ豆を食べたりするようになったそうです。

鰯の頭と柊木

節分の夜に柊に鰯の頭を付けて、鬼門や門口に飾っておくと

鬼よけになる風習があるって知ってました?

最近ではなかなかお目にかかれませんね。

なんでも鬼は鰯を焼いた時の煙と匂いが嫌がり、

柊の葉の棘に痛がり、鬼よけになると言われています。

地域によっては、「にんにく」や「べら」など、匂いのあるものを

供えるところもあるようです。

スポンサーリンク

恵方巻きの丸かじり

その年の恵方に向かって無言で太巻き寿司を丸かぶりし、

新しい年が良い年でありますようにと願いながら食べる

という風習があります。

巻き寿司を使うのは「福を巻き込む」からで、

切らないのは「縁を切らないために」とされています。

そして太巻きには7種類の具材を使うとされています。

なんで7種類かというと七福神に由来した縁起物と

されているからです。

ですが節分に恵方巻きを食べるという風習は、昔はなかったのです。

これには諸説あり、発祥や由来は分からないままですが

どうも大阪商人が、巻きずしを宣伝するために、

販促のひとつとして縁起担ぎに「恵方に向かって黙って食べる」

ということを広めたのがきっかけと言われています。

バレンタインデーなんかと一緒ですね。

そして宣伝が成功したのか、

恵方巻きの認知度は2002年の日本で50%くらいで、

2006年には90%以上の認知度となったのです。

そこまでやんの?夏の恵方巻き?

なんと節分が2月だけではなく年に4回あることに着目した店舗が、

2010年から「春の恵方巻」(5月)、「夏の恵方巻」(8月)、

「秋の恵方巻」(11月)の発売を開始しました!!

その動きは年々広がっているといいます。

夏にも恵方巻きかぁ~。

まぁ~美味しいからいっか?

ですがこの調子だと、これからもどんどん

いろんなものがでてきそうですね!!

願いよ叶え!

皆様は恵方巻きを食べるときどんな願いをしますか?

私は、今年も皆様が健康で、一つでも多くの願いが叶えられますように

恵方巻きを食べたいと思います。