スポンサーリンク

クリープ現象で踏切事故?コンクリートにもクリープ現象って?

クリープ現象が原因と思われる事故が発生し話題になっています。

クリープ現象って教習所で習ったと思いますが覚えてますか?

又、コンクリートにもクリープ現象があるって知ってました?

クリープ現象の危険性と注意点をおさらいしましょう!

スポンサーリンク

クリープ現象って何?

クリープは英語で「忍び寄る」や「ゆっくり進む」といった意味があります。

クリープ現象とは、AT車でアイドリング時、シフトレバーが

DやRなど走行できる位置にあるとアクセルペダルを踏まなくても

車がゆっくり動く現象。(約8km程度)

別名「摺り足現象」とも呼ばれています。

スポンサーリンク

AT車はトルクコンバーターを搭載していますが、

その働きによって起こる現象です。

坂道発進や渋滞時のノロノロ走行の時は便利ですが、

気をつけるべきは、ブレーキを緩めるだけで車が動き出すこと。

ドライバーの意思とは関係なしに車が動くので注意が必要です。

今回の東武東上線事故の事故は、

運転手が踏切手前でシフトレバーをDにしたまま

車から離れた事が原因と思われます。

話は変わりますがコンクリートにもクリープ現象があります。

一定の荷重が持続して作用する際、

材料(木材、鋼材、コンクリートなど)の変形(ゆがみ)が

時間とともに増大する現象らしいです。

ドライバーの皆さん!

ご家族のためにも

車は慌てず安全運転でお願いします。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク