スポンサーリンク

敬老の日特集2014!!プレゼント人気ランキングと由来!!

 keirounohi_flower

毎年9月の第3月曜日は「敬老の日」

2014年は9月15日になります。

敬老の日に日頃の感謝とプレゼントをして、

おじいちゃんやおばあちゃんと

ゆっくり過ごしてはどうですか?

大切な敬老の日について、いろいろ調査しました!

スポンサーリンク

知っておきたい敬老の日の始まり

dr079_l

多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、

長寿を祝う日である「敬老の日」。

そんな敬老の日の由来には「聖徳太子説」と「養老の滝説」

2つの説があります。

-聖徳太子説-

聖徳太子が大阪に「四天王寺」を建設した際、

四天王にあわせて、「敬田院」「悲田院」「施薬院」「療病院」

四箇院を設置したといわれています。

その中の悲田院が、現在で言うところの“老人ホーム”であり、

9月15日に建設されたため、この日になったと言われています。

-養老の滝説-

元正天皇が霊亀3年(717年)に、

岐阜県にある養老の滝へ行幸し、

年号を「養老」に改元したことにちなんでいます。

養老の滝には、親孝行の息子が年老いた父に、

お酒を飲ませてやりたいと願ったところ、

霊泉から酒がわいたという伝説があります。

これに基づき、全国的に9月中旬頃に

地域のお年寄りを招待して

敬老会を開くということが行われるようになり、

9月15日を敬老の日に定めたというものになります。

-敬老の日の始まり-

昭和22(1947)年に

兵庫県多可郡野間谷村(現:多可町)で行われた敬老行事が、

今の敬老の日のはじめだと言われています。

昭和25(1950)年、9月15日を

「としよりの日」としようという県民運動が開始され、

後に全国に広がりました。

昭和39(1964)年“としより”という表現から、

「老人の日」に改められました。

更に昭和41(1966)年「敬老の日」と改名され、

国民の祝日になりました。

そして平成15(2003)年の「国民の祝日に関する法律」の改正により、

「敬老の日」が9月の第3月曜日定められました。

ちなみに、平成13(2001)年の老人福祉法の改正により、

9月15日が「老人の日」、同月21日までの1週間が

「老人週間」と定められました。

*調査の結果、これらが有力と思われますが、

 各々の時期については若干の食い違いがあるようです。

wikiおよび歴史公文書サイトぶん蔵を参考にしています。

敬老の日に感謝と尊敬とプレゼント

 111202top

大切なことは、「感謝と尊敬の気持ちを伝える」こと。

何をプレゼントしても喜んでもらえると思いますが、

どうせなら、もらって良かったと思って欲しいですよね。

一体何をプレゼントすれば、おじいちゃんおばあちゃんに

喜んでもらえるのでしょう?

-「敬老の日」もらって嬉しかったランキング-

1位・・・美味しいもの

2位・・・コミュニケーション

3位・・・お花

4位・・・何でも

5位・・・旅行

6位・・・ファッショングッズ

7位・・・家電製品

8位・・・日常品

-「敬老の日」欲しいものランキング-

1位・・・ファッショングッズ

2位・・・美味しいもの

3位・・・お花

4位・・・旅行

5位・・・コミュニケーション

6位・・・電化製品

7位・・・始めてもらう

8位・・・何でも

敬老の日のプレゼントは本当に悩みますね。

プレゼントの平均予算は約4500円程度と言われています。

なるほど!と思ったプレゼントには、

ランニングシューズやトレーニングウェアなんてものがありました。

今のお年寄りは、私達が思うよりずっと若いですよね。

年寄り扱いするような行為を嫌う事もあります。

日頃の生活をよく思い出し、

本当に相手に喜んでもらうプレゼントを

贈りたいですね。

“コミュニケーション”では、

一緒に食事といったことが人気のようです。

遠く離れていて、中々会えない場合には、

電話やメールなんてのも喜ばれるようです。

スポンサーリンク

何歳から敬老の日を祝ってほしいですか?

敬老の日を祝うのはいいのですが、

祝ってもらう側は、何歳から祝って欲しいものなのでしょうか?

自分はまだ若い!年寄りではない!

なんて思われている方もいるのは事実です。

2012年9月4日~9月5日にかけて、

50代の200名、60代の200名、70代以上の100名を対象に、

インターネット調査が行われた結果、

男女ともシニア(敬老)の対象年齢について、

全体の半数以上が70~79歳と回答されていたとか。

又、「自分よりも上の年齢に対してシニア」だと考えている傾向があり、

「自分はまだまだ若い」という意識があることが分かったそうです。

更に、女性の方がシニアの対象年齢が高く、

男性に比べてシニア扱いされることに抵抗があるようです。

孫が出来て、祖父母となっても、

まだまだ全然若い方もいるのも事実。

結構悩みますよね・・・。

これらに関しては中々難しいのですが、

こちらのサイトを参考にしていただくのがいいかと思われます。

お正月のお節料理の栗きんとんとは違い、栗と砂糖だけの本物の栗きんとんです♪

敬老の日

 topimg

私には、もう祖父母は一人もおりません。

元気な時にも、ほとんど会うことがなく、

おんぶや抱っこをしてもらった記憶すらありません。

特に父方の祖父には、大変可愛がってもらったそうなのですが、

私が生まれてすぐに他界したそうで全く覚えていません。

今思うと敬老の日に、

何か出来たんじゃないか?なんて考えたりもしますが、

できることといえば、お墓参りと仏壇に手を合わせる事くらい・・・。

おじいちゃん、おばあちゃんが元気なうちに

沢山の大切な思い出と、

ささやかでもいい、心のこもったプレゼントを

贈ってみてはどうでしょう?

きっとおじいちゃん、おばあちゃんの

とびきり素敵な笑顔を逆にプレゼントされますよ。