スポンサーリンク

腸捻転でポール・マッカートニー公演中止。腸捻転とは・・・?今後の予定は?鈴木杏樹も?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

CMGa5ec2063-fdc0-44bb-b4ca-fee4631112cd_attach1 (1)

2014年5月、ポール・マッカートニーが

日本武道館公演を行うことが決定!

これは、ザ・ビートルズのメンバーとして

初来日公演を行って以来、実に48年ぶりとなります。

チケットは即日完売!しかし・・・

ポール・マッカートニーが来日するやいなや緊急入院。

そして日本での全公演中止。

ポール・マッカートニーが患った病気“腸捻転”とは・・・?


スポンサーリンク

ポール・マッカートニー プロフィール

 ダウンロード

出生名 : James Paul McCartney

生年月日 : 1942/6/18

出身地 : イングランド マージーサイド州リヴァプール

1960年代、ザ・ビートルズのメンバーとして、

数多くの名曲を世に生み出しました。

ギネス記録に“ポピュラー音楽史上最も成功した作曲家”

として認定されています。

ビートルズ時代から主にベースを演奏しているが、

ボーカル、ギター、シンセサイザー、ピアノ、

キーボード、ドラムスと何でもこなします。

ビートルズ解散後にソロ・アーティストとして

4度訪日し、ツアーを行っていますが、

5度目の訪日で大麻不法所持の容疑で逮捕。

そして2014年、再来日を果たしましたが、

腸捻転のため開催不可能となりました。

ポール・マッカートニーが患った、腸捻転とは?

deaee0aa62c16e56488eb3e0b2bfb06e

今回、ポール・マッカートニーを襲った

腸捻転とは、一体どんな病気なんでしょう?

腸捻転とは“腸捻転症”と言われ、

何らかの原因で腸が捻れる事により発症します。

捻れる事により食べ物が通過できなくなり、

腹部や背中に激しい痛みを伴います。

そして腸が詰まり壊死してしまう病気です。

-腸捻転の症状は?-

激しいお腹の痛みと共に、

お腹が張ったり吐き気や嘔吐が起こります。

ポール・マッカートニーの場合は、

下痢や嘔吐の症状に見舞われ、

精密検査の結果、腸捻転と診断され緊急入院しました。


スポンサードリンク



-治療方法-

薬での治療もあるのですが、

腸閉塞になる危険性と

再発のリスクがあることから、

基本的には「手術での治療を行います。

ポール・マッカートニーの手術は無事成功。

経過も良好であると、公式サイトで報告しています。

本人は、今回の件での公演中止を大変残念に思い、

既に、再来日公演の実現に向けて協議しているとか。

ですが今現在、具体的な話は決まっていません。

-腸捻転の原因-

腸捻転は、主にS字結腸に多く、

その次に盲腸や小腸によく発生します。

腸捻転は一刻を争う病気で、最悪死に至ります。

発生原因は、生まれつき、「腸の位置が悪い」といったものや、

大腸が長い日本人、そして加齢により大腸が緩んだり、

歪んだりすることが原因と言われています。

鈴木杏樹も腸捻転?

 f3c65c124ca0f554e1be6bd930b5f8ea_400

-鈴木杏樹プロフィール-

本名 : 山形 香公子

生年月日 : 1969/9/23

出身地 : 大阪府箕面市

血液型 : AB

職業 : 女優

数々のドラマに出演し、司会もこなし、

過去には、KAKKO名義で歌手もしています。

そして1998年1月、腸捻転を患い手術をしています。

余談ですが腸捻転の手術を担当した医師である、

元駿河台日本大学病院外科部長の山形基夫氏と結婚。

病気が縁を運んだんでしょうか?羨ましいと思いきや、

2013年、山形基夫氏は肝臓がんで他界しています。

この時の鈴木杏樹は泣き崩れ、

声をかけられないほどだったそうです。

ご冥福をお祈り申し上げあます。

ですが、翌8日の『ZIP!』に出演し、

「みなさんの温かいお気持ちで支えていただいております」

とコメントし、悲しみをこらえ気丈に振舞っていたとか。

ポール・マッカートニー

今回、日本での公演が中止になり、

多くのファンはさぞガッカリしたことでしょう。

しかしポール・マッカートニーご本人は、

再来日に意欲的と報じられています。

日程は未定ですが、

一日も早く元気な姿を見ることができればいいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク