スポンサーリンク

お中元の時期とマナーとランキング。お中元は誰に何を贈ればいいの?

ochugen002

日頃、お世話になっている方々に「お中元」なんてどうですか?

感謝の気持ちを込めて贈り物をしてみてはどうでしょう?

ですが、誰に何を送ればいいのでしょうか?

そして意外に知らないのがお中元のマナーです。

最低限知っておきたいお中元のあれこれ、

ランキング等ご紹介します!

 

[deco_bg image=”postit1″ width=”400″]

この記事は・・・

■  お中元とは?

■  何を贈ればいいの?

■  お中元のマナーって?

■  白くまにもお中元

についてご紹介致します!

 [/deco_bg]

スポンサーリンク

お中元とは

f504ea018652c0

-お中元とお歳暮の違い-

どちらも日頃お世話になっている人に物を贈ることですが、

贈る時期が違います。

お中元の時期は夏。お歳暮は年末になります。

今回はお中元についてご紹介致します。

お歳暮についてはコチラ

-贈る時期はいつ?-

東日本・・・7月の初め~15日まで。

西日本・・・8月初め~15日まで。

ですが、最近では地域に関係なく

“7月の中頃まで”に送るのが一般的になってきているようです。

-誰に贈る?-

意外に迷いがちですが、

お中元は感謝の気持ちを伝える贈り物なので、

贈る相手には、あまり深く考える必要はありません。

一般的には、離れて暮らしている両親や親戚、

会社の上司や恩師の先生などに贈ります。

ですが毎年続けて贈る場合が多いので、

広範囲に及ぶと金銭的な出費も気になりますので大変です。

-金額の相場は?-

誰にいくら位の物を贈ればいいのか?

悩みどころですが、金額はお世話になった人によって変わります。

親戚や知人・・・3000円位

会社の上司・・・5000円位

本当にお世話になった人・・・・5000~10000円程度

一般的にお中元の相場は3,000円〜5,000円位と言われています。

ですがあまり高価なものを贈ると相手の負担にもなるので注意しましょう。

後半へ続く・・・。


スポンサードリンク

何を贈ればいいの?

 img_key_gift

毎年、何を贈ればいいのか悩みませんか?

2013年は景気がアベノミクス効果により

景気が上向き例年よりもお中元に使う金額も

上がっていると言います。

ですが、大事なのは相手の家族構成や年齢、好みです。

どんなに高価なものでも、呑めないのにお酒をもらっても相手の方も困ります。

お金を使ってお中元を贈るわけですから、

相手に喜んでもらうのが一番です。

ここでは、参考にお中元ランキングをご紹介致します!

-贈りたいものランキング-

1位・・・ビール

2位・・・コーヒー、紅茶、お茶

3位・・・そうめん

4位・・・産直などの魚介類

5位・・・洗剤

-貰いたいものランキング-

1位・・・商品券

2位・・・ビール

3位・・・産直の生鮮食料品

4位・・・洗剤

5位・・・コーヒー、紅茶、お茶

-もらって困るランキング-

1位・・・賞味期限の短い生鮮食料品

 旅行や帰省などで長期不在中なんてこともあります。

2位・・・家族の人数に合わない食器類

 家庭の嗜好などがわかっている場合以外は、避けた方が無難

3位・・・洗剤セット

 香りよって相手側の好みが分かれます。

4位・・・固形石鹸の詰め合わせ

 最近は固形より液体を使う人が増えているようです。

5位・・・大量の食材

 相手側の人数を考えましょう。

自分の好みに合わないものや、早く食べないといけないものは

困るということでしょうね。

前もって相手の好きなもの嫌いなもの、使っているものなど

事前に調べておくことも大切ですね。

-贈ってはいけない!!NGな物-

お中元に限らず、贈ってはいけないとされている物があります。

それは、“踏みつける”という意味がある履物関係

“勤勉奨励”の意味がある時計や筆記用具は目上の人には

相応しくありません。

お中元のマナーって?

 056

-感じよく贈るためには-

出来れば、事前に都合をうかがった上で

先方宅に持参するのが正式。

ですが最近は配送が一般的になっており、届く頃を見計らって、

日頃のお礼や近況をしたためた手紙や葉書の挨拶状を出した方が

贈り先に好印象を与えることができます。

ごく親しい友人や身内に贈るのであれば、

電話で贈ったことを伝える程度いいでしょう。

-喪中の時はどうすれば良いでしょう?-

「日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝えるもの」

がお中元です。

ですから、贈る側、贈られる側のどちらが喪中でも

差し障りはないとされています。

ただ、四十九日を過ぎていない場合や、

先方が気落ちしている場合などは、

時期をずらして「暑中御伺い」、「残暑御見舞」として

お届けする。

もしくは、白の水引を控えて、

上書きに文字を書かない無地のしにして

お贈りするのがよいでしょう。

-お返しは必要?-

お中元は、日頃お世話になっているお礼という意味ですので、

基本的にはお返しをする必要はありません。

ですが、贈ってくださった方の心遣いに応えるためにも、

お中元が届いたら、できるだけ早く感謝の気持ちを込めて

お礼状を書くといいでしょう。

お礼状は、届いてから一両日中に出すのが「目安」

といわれています。

ご家族や友人などごく親しい間柄の方には

電話やメールでもいいでしょう。

注意したいのは、友人や同僚、

思いもかけない相手から戴いた時などは、

同程度のお返しを贈るのもよいでしょう。

白くまにもお中元

 b0202616_1127224

毎年、この時期になると、

あちこちの動物園で果物を入れた氷が

動物たちにプレゼントされます。

地元のお菓子メーカー等が「夏のお中元」として

贈っているものとか。

氷を抱えてペロペロしている姿は

とっても癒されますね。

ちなみに動物たちには、お中元として

毎日氷をプレゼントするそうですよ♫♪