スポンサーリンク

クリスマスローズの花言葉。寂しさに満ちた悲しみに咲く物語。

5a9bfa37f9e7dec401a8b5cccf6abaea_s

クリスマスローズの花言葉。

寂しさに満ちた悲しみに咲く物語。

スポンサーリンク

クリスマスローズ

原産地 : 南ヨーロッパ・地中海沿岸

和名 : 寒芍薬(カンシャクヤク)

季節 : 12~4月

「クリスマスローズ」と呼ばれ市場に出回るものには、

「ヘレボルス・ニゲル」、「レンテン・ローズ」、

「ヘレボルス・オリエンタリス」等がありますが、

クリスマスの頃に開花するのは、「ヘレボルス・ニゲル」だけになります。

そのほかは、クリスマスの頃ではなく、

春に開花するものになります。

そして、花に見える部分は「花」でなく「がく片」と言われる部分。

その為、鑑賞期間が比較的長く楽しめます。

寂しい花言葉

・追憶

・私を忘れないで

・思い出を懐かしむ

・私の不安を取り除いて

・私の心を求めて

・私の心を慰めて

・私の心配をやわらげて

・私を安心させて

・中傷

・誹謗

・中毒

・悪評

・発狂

・スキャンダル

可憐な花姿とは似ても似つかない

なんとも寂ししい花言葉ですね。

スポンサーリンク

中傷・誹謗・中毒・悪評など毒々しい言葉ですが、

クリスマスローズは毒を有する植物なのです。

ローズ名がついていますがバラの仲間ではありません。

「綺麗な花には刺がある」と言いますが、

クリスマスに咲く毒を持った綺麗な花ということから、

クリスマスローズとなったのでは?と思います。

又、ヨーロッパ中世では、

悪魔祓いの儀式に使われていた事もあるそうです。

知られざるニゲルの白い花

クリスマスローズはドイツやイギリスでは、

クリスマスを祝う花として知られていて、

冬の花の少ない時期に咲く花「冬の貴婦人」とも呼ばれています。

そして、このクリスマスローズ(ニゲル)の白い花には、

キリスト教の国々で語り継がれている物語があります。

一人の貧しい少女がキリストの誕生を祝う事ができずに

流した涙が落ちた場所から、クリスマスローズ(ニゲル)の白い花が

咲き乱れました。

少女はその花を摘み聖母マリアとキリストに捧げたと伝えられています。

冬に力強く咲いてくれるクリスマスローズ。

クリスマスの時は花言葉を忘れた方がいいかもしれませんね。

25693905  にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ