スポンサーリンク

花粉症の時期は便利グッズで早めの対策が肝!風邪との違いや予防方法と治療方法!

120305kafunshohanaugai

毎年、この時期になると全国で患者が急増する花粉症ですよね。

せっかく寒い冬が過ぎて暖かい春が来ても

出かける気にすらなりません。

この記事をきっかけに、正しい知識を身に付けて、

花粉症に備えましょう。

花粉症ってどんな症状?

花粉症による主な症状は大きく分けて4つあり

くしゃみ、はなみず、鼻づまりや目の痒みといった

症状があります。

更に、鼻づまりが酷いと口で呼吸することになり、

その結果、喉に痒みが出たり花粉が器官に入って咳が出るといった

症状が出るのです。

こうした症状が原因となって、

頭が重い、だるい、ボーッとするや眠れない等といった

症状も見られます。

風邪と花粉症の違い

「風邪と思ったら実は花粉症でした」なんて事がよくあるんです。

花粉症の対策を万全にするためにも、

風邪と花粉症の違いを知っておく必要があります。

風邪も花粉症もくしゃみ、 鼻水、鼻づまりといった

症状がありますが、一番の違いは目の痒みになります。

順に見ていきましょう。

くしゃみ

風邪をひくとウィルス体内に侵入しようとしますので、

ウィルスを体の外に出そうとしてくしゃみが起こります。

一方、花粉症のくしゃみは、花に入ってしまった花粉を外に出す為、

回数が多くなり連続で起こり止まらなくなってしまうこともしばしば。

これは、かなり辛いですよね。

鼻水

花粉症の鼻水は、風邪の鼻水と違いあまり粘度がなく、

サラサラとしています。

花粉症の鼻水は、大げさですが止まることを知らないように、

次から次へと出てきてマスクがベチャベチャになることもしばしば。

これも、かなり辛いですよね。

鼻づまり

風邪の鼻づまりよりも強力につまるといった感じでしょうか?

なんせ両方の鼻の穴が詰まることもあり、

口での呼吸になってしまいます。

鼻がつまり、鼻水が出てくるともうどうしようもありません。

鼻をかんでは、つまり、かんではつまりの繰り返し。

鼻の下が真っ赤になることもしばしば。

これも、かなり辛い症状です。

目の痒み

風邪との一番の違いが目の痒みになります。

これは、風邪ではめったに見られない症状です。

花粉が目に付着することで起こる症状で、

花粉を目から洗い流すため、涙が出たりひどい痒みに襲われます。

目をこすってしまうことで、結膜や角膜を傷つけてしまい、

症状が悪化する可能性があります。

私は、この症状が一番辛いと感じます。

目をこすり出したら、もう止まらなくなってしまい、

かなり充血してしまいます。

花粉症と風邪の代表的な症状の違いをまとめると・・・。

風邪の症状

・頭痛がある。

・鼻水が色が濁っている。粘着性がある。

・喉に痛みがある。

・発熱がある。

花粉症の症状   

・目と鼻の痒みがある。

・鼻水がサラサラで粘度がない。

・喉の痛みは無い。

・発熱はない。

注意!:症状は個人差もありますが、飛散する花粉の量よっても違ってきます。当然、花粉の量が多ければ症状も重くなり悪化してしまいます。

中半へ続く・・・。


スポンサードリンク

花粉症の時期っていつ?

花粉の代表といえばスギ・ヒノキ花粉ですね。

その他にも、主にイネやブタクサ等があり、

細かく分けるとその種類は10種を超えてしまいます。

特に注意が必要なのがスギになります。

それは花粉症を発症する人の約7割は、スギが原因だからなんです。

飛散時期をしっかりチェックして、

早めの予防を徹底しましょう!

スギ花粉の飛散時期

例年ではスギの飛散時期は2月から4月になりますが、

早ければ九州・四国地方では1月下旬から飛散します。

ひのき花粉の飛散時期

ひのき花粉の飛散時期は、スギ花粉より約1月遅れでやってきます。

一般的には3月下旬~4月下旬と言われています。

イネ花粉の飛散時期

4月の半ば~7月。

一旦ピークを過ぎてすぐに7月下旬~10月半ばになります。

飛散する花粉の量はスギやヒノキに比べるとかなり少ないですが、

花粉症の人にとってはスギやヒノキなどよりも症状が

酷くなるケースもあります。

ブタクサ花粉の飛散時期

8月~10月がブタクサ花粉の飛散時期となります。

スギやヒノキ花粉症とは時期が違いますので

ブタクサは自覚しやすいと思います。

その他の花粉飛散時期

ハンノキ・・・1月初旬〜4月初旬

サワラ・・・3月中旬〜6月初旬

コナラ・クヌギ・・・4月中旬〜5月中旬

イチョウ・・・4月中旬〜5月中旬

スズメノテッポウ・・・3月下旬〜6月中旬

カモガヤ・・・4月下旬〜7月中旬

オオアワガエリ・・・4月下旬〜9月初旬

ヒメガマ・ガマ・・・7月初旬〜9月下旬

ヨモギ・・・7月下旬〜10月下旬

カナムグラ・・・8月下旬〜11月初旬

セイタカアキノキリンソウ・・・10月初旬〜12月初旬

知っておきたい花粉症の予防方法

前もって病院で受診することをお勧めしますが、

中々忙しくてできない方も多いと思います。

ですので、自分でできる花粉症の予防対策方法を

ご紹介致します。

薬による予防対策方法

1番肝心な事は花粉症の症状が出る前に対策をする事です。

そうする事で、シーズン中の花粉症の症状を軽くする事が出来、

症状を予防したりコントロールすることが出来るんです。

これを初期治療といいます。

では、実際にどうすれば良いいかといいますと、

一般的には次のような薬が使用されます。

◆抗ヒスタミン剤

ヒスタミンの刺激を抑える薬です。

即効的な効果が期待できますが、

効き目があまり長続きしないそうです。

◆抗アレルギー剤

刺激物質であるロイコトリエンやヒスタミンなどが放出されるのを

防ぐ薬と言われています。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効果があり、

点鼻薬と点眼薬の他にも飲み薬があります。

飲み薬の場合、

飲み始めて効果が現れるのが約2週間後になります。

◆抗ロイコトリエン薬

鼻の粘膜の血管に作用し、鼻の粘膜に炎症を起こさせ、

鼻づまりを引き起こす働きがあるロイコトリエンを防ぐ効果があり、

鼻づまり、鼻水、くしゃみに効果があます。

ですが、効果が現われるまで1週間ほどかかると言われています。

やはり早めの対策が肝心ですね。

◆ちなみに以下が実際に試してみて良かった薬です。

1日2回他ありますが、私の生活スタイルからすると

「1日1回症状がひどい時だけ飲む」という方法で結構効き目がありました。

クールでスッキリする点鼻薬になります。

即効性があり、鼻が詰まった時、かなり助けられました。

花粉飛散中の予防対策方法

目薬、点鼻薬、飲み薬を使用することも良いですが、

その他にも気をつけてもらいたい事がいくつかあります。

それは、花粉と接触する機会をできる限り無くす事です。

具体的には以下のような対策が有効です。

◆花粉の飛散の多い日は外出を避ける

花粉の飛散情報などをこまめにチェックして、

可能な限り外出を控えることは有効な花粉症対策になります。

こちらの花粉情報が見やすくてオススメです。

◆花粉がつきにくい服装を着る

すべすべ素材のコート、スカーフ、帽子などが良いでしょう。

表面の素材は水や汚れをはじく撥水性の高い素材を使用していて

まるごと洗えることができるので付着した花粉も綺麗にしてくれます。

◆マスクと眼鏡で花粉を防ぐ

代表的な花粉対策になります。

今ではオシャレな花粉症対策メガネや、マスクが色々とありますので

準備しておきましょう。

定番の花粉用メガネ。最近ではオシャレになって女性にも嬉しいですね。

しかし、個人的な感想ですが階段を降りる時、下が見えにくいので

注意が必要です。

こちらは可愛いピンクのマスク

個人的に気に入っています。

アロマオイルをつけて気分を変えてみるのも

良いですよ♪

◆外から花粉をもちこまない

帰宅時には、衣類や帽子についた花粉をよく払い、

手や顔を洗いうがいをする。

◆室内の花粉をへらす

■花粉の多い日は窓を開けない

空気清浄器などを利用すると効果的です。

こちらの空気清浄機はイオンのチカラでしっかり花粉を除去し、

24時間運転していても電気代1日4.1円と経済的です。

更にフィルターが不要なのでお手入れ簡単。

空気清浄機は安価なものが多くありますが、

経験上やはりは吸い物はあまりオススメいたしません。

結局、安物買いの銭失いになる可能性が高いです。

その他のおすすめグッズはコチラ

■部屋の掃除をこまめに行う

■なるべく布団を干すのは避ける

後半へ続く・・・。


スポンサードリンク

食事による予防対策方法

食事には花粉症の症状を和らげる効果のある食材や、

逆に症状を酷くする食事があると言われています。

ですが、個人的な意見といたしましては、

食事により花粉症の症状が改善することは

あまり効果が見られないように感じます。

一般的に花粉症に良いと言われているヨーグルトですが、

私は毎日食べているんですが、花粉症の症状が改善したとは

思えません。

食事も普段から気を配り、

栄養のあるものを摂取するよう心掛けてはいるのですが

中々、その効果を感じる事はできません。

食事による花粉症対策といたしましては、

常日頃から長い月日をかけてゆっくりと体質を改善していき

初めて効果が見られると思われます。

私が食事に気を使いだしたのが10年前。

特にこだわりはありませんが、

偏食しない暴飲暴食をしない。

健康に良いと言われる食品をなるべく食べる。

といったものです。

それでも症状が和らいだとは思えず

体質改善はなかなか難しいと考えます。

とは言え、一般的にファーストフードをよく食べるや、

お酒をたくさん飲む、タバコを吸う、などなどは

花粉症対策でなくても体に良くないことは分かりますので、

食事に気を使うことは大切なことに変わりありません。

ですが、参考程度に花粉症に良いとされる食品を記載しておきます。

  • 乳酸菌
  • ポリフェノール
  • シソ
  • 魚介類
  • 薬味類
  • 根菜類
  • ハーブ

花粉症の治療方法

ここまでは、自分でできる予防対策方法をご紹介してきましたが、

ここからは、花粉症に有効とされる治療方法をご紹介致します。

舌下免疫療法

テレビ等でも何度か紹介されているようですが、

「舌の下にスギ花粉の液を滴下してスギ花粉症を治す」

といったものになります。

舌下免疫療法とはアレルゲン免疫療法の1つです。

要は、少しずつ体内に“アレルゲン”という

アレルギーの原因となるものを投与することで、

体に慣れさせる治療方法です。

この治療方法は、ほぼ花粉症完治に近い治療法で

更に、副作用の発現率が低いため安全面からも

注目を集めています。

ですが、欠点もありまして治療期間が数年単位であること、

個人差があることが挙げられます。

レーザー治療法

レーザー治療は、鼻の穴からレーザーを照射して、

鼻腔内の粘膜を焼く治療になります。

この治療は花粉症を感知させるものではありませんが、

痛みや出血はほとんどなく、妊婦さん等、薬が飲めない方にも

治療できます。

ただレーザー治療の効果が持つのは半年から数年とされていて

再度、治療しなければなりません。

ですが、辛い花粉症を改善できるなら

これはかなり嬉しい治療方法です。

保険も適用されます。

花粉症なった人しか分からない辛さ

花粉症じゃない人は、この辛さが分からないですよね。

ですが、花粉症の患者はこれからも増加傾向にあると言われていて、

今症状が出ていない人もそのうち出る可能性があると言います。

今、症状が出ていない人も要注意ですよ。

十分注意して花粉に負けない春にしたいですね。

25693905  にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


スポンサードリンク