スポンサーリンク

フン害対策で「犬税」の導入??いつから??金額は??あなたは賛成派?それとも反対派?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

29622834_480x319近年のペットブームによりペットを飼う家庭が年々増えているようで、なかでも犬がかなりの人気を占めています。

そしてペットは家族の一員として飼い主の方々の生活に欠かせない存在になっているのではないでしょうか?

そんな折、大阪府泉佐野市が犬税の導入に動き出しました。実は、犬税導入の検討は2年前からされていたようですが、この度「税金の形で徴収しよう」という話が一般会計補正予算案を賛成多数で可決しました!!飼い主には痛―い話になります。そこでいろいろ調べてみました。

なんで犬税なんか取るの?

犬税の発端は犬のフン害。泉佐野市は犬のフンの放置に過料5,000円を徴収するなどし、フン害の防止に努めてきましたが、依然としてフン害の苦情は多く飼い主のマナー向上には至らないのがキッカケ。そこで路上に放置される飼い犬のふんを清掃するなどの費用とし飼い主から一律に徴収する考えです。

とはいえ問題は犬税の正しい使い道です。

通常は、「犬の糞により汚れた町の清掃などに使われる」となっていますが、今の日本を見ていると、どこに費やされるか分りません。もし導入されたとしたら、ペットの糞始末や動物愛護の方に使っていただきたいですよね。

犬税の歴史?昔もあったの?

昭和57年までは全国約2700自治体が、「犬税」をかけていたそうです。今でこそ珍しい税に見えますが、当時は特に注目される税でもなかったようです。

「犬税」は、税目としては「法定外普通税」といいまして、法律によらずに市町村が自治大臣(現総務大臣)の許可を受けて設けることができる税のことで、昭和57年長野県の四賀村を最後にこの税はなくなりました。

当時、長野県四賀村では、4月1日現在で生後3ヶ月以上の犬を飼っている場合、1頭につき年300円の税金をかけました。年間で15万円ほどの税収だったそうです。


スポンサードリンク


犬税は泉佐野市だけ?

2013年12月21日時点で日本に犬税というものはありませんが、今後飼い主のマナーが向上しなければ全国に広がっていくのでは?と思われますが・・・

やっぱりあった!!世界の犬税。

29622834_480x319ドイツに犬税があることは有名ですが、ドイツのほかにも犬税があるのはオーストリア、オランダ、フィンランド、スイス、チェコなどがあります。

この犬税は飼っている犬の頭数分を支払います。各国の犬税の使い道を見てみると、犬の糞などで汚れた街の清掃費用や、犬の糞始末のために街中に用意されたエチケット袋などに利用されています。やはりどの国でもフンの後始末は大変なんですね。

そして、犬一匹ずつに税金を支払っていることから犬の「権利」も守られて、飼い主としての責任感にも繋がるという事らしいのですが、犬の権利ってなんでしょうね?ちゃんと散歩連れていけ!とかでしょうか?

ドイツでは、飼い犬の数に応じた「犬税」が、市区町村税として犬の飼い主に対して課されます。

ベルリンでは、1年間に犬1匹当たり1万円ほどの負担になります。

また、犬税とは違いますが、中国には犬の登録に費用がかかります。地域によって税金の額が異なります。

北京では犬一頭に付き、初年度1000人民元(14,000円程)、2年目以降は500人民元(7,000円程)課せられるそうです。

広州では最も登録費が高く、グンッと金額が上がって初年度登録料10000人民元(14万円程)、2年目以降は6000人民元(8万円程)となっているようです。

課金制度にすれば、安易に飼おうというような短絡的な飼育者も減るかもしれませんし、可哀想なペットを減らすためにも有効かもしれませんね。

他にもあったの?動物の税金。

馬税・鮎つり税・くじら税・かえる税・雀藪税などなど世界にはいろんな税金があるんですね。

犬税に賛成?反対?あなたはどっち?

犬税に対してのヤフー意識調査によると約60%の人が賛成しています。

賛成意見としては・・・

賛成です。

しかし、フンやオシッコ対策なら罰金10万円の方がいいでしょう。むしろ犬税は、飼育放棄対策&動物保護として実施すべき。ペットショップで命が自由に市場売買されている現状は、異常としか言いようがありません。

(ヤフー知恵袋/飼い犬税に賛成ですか?より)

賛成です。

ペットを飼っている人のマナーが悪いから、これは当然だと思います。喫煙者のマナーの悪さで、今閉め出しをされてますが、それと同じ現象じゃないでしょうか?犬税の為に余計にマナーが悪くなると言うのならば、自宅と指定のドックランでしか飼えない(外を連れて歩くのも不可)とかの条例を作り、違反した人は罰金を払うとかにしたらどうでしょう。

「ペットの飼い主責任を明確にして、自覚を持たせて町の美化に貢献させるべきだ」

(大阪・男性自営業(49)/msn-eアンケートより)

「犬や猫を嫌いな人もいるし、迷惑を考えずに散歩をしている人もいる。鳴き声もうるさかったり、道路に犬の糞が放置されていたり。きちんとした飼い主もいるが、ペット税に賛成だ」

(マレーシア在住・主婦(53)/msn-eアンケートより)

反対意見はどうでしょう

千葉・男性会社員(60)「糞を放置する者は、ペット税が導入されても放置するだろう。かえって糞を放置する理由づけになる。自分たちが清掃しなくてもいいのだから」

(千葉・男性会社員(60)/msn-eアンケートより)

ペナルティを課されるべき人からお金をとるべき。

包括的な税金という形は不適切。

(委員会のパネラー/宮崎哲弥)

子供がいない家庭で家族の一員として生活している方もいます。税制が厳しいからと行って、何でも税金取れば良いものでは無いと考えます。犬猫の放置防止については、色んなパターンで発生していると思います。ペット税をかけたからといって放置を防止する事はできない。地域の状況、老人の無秩序な餌やり色々条件があります。

十分な議論・検証をお願いしたい。

(et123 男/40代/関東/ニュース畑-gooニュースより)

12月議会に出てきた補正予算は、「犬税を導入するための検討委員会」予算23万3千円と、「犬と猫の飼育頭数を把握するためのアンケート調査費」予算5111万円が出てきた。

犬税をかけるために、4万4千世帯の全戸を回って、犬と猫の飼育頭数を調べて回るとは、何と言うことか!!しかもその費用が、アルバイト調査員70人以上を雇って短期間でやるので、何と5111万円とは!!こんな税金の無駄遣いはない!!(国府の補助金とはいえ、われわれの税金だ)

私は、総務産業委員会で精一杯反対した。だいたい、犬の糞は、ピーク時の今年1月に1700カ所あったのが、イエローカードを設置するようになってから、どんどん減っていって、今は約200カ所になっている。90%も減っているのだ。市民はだいたい協力している。

それなのに、税金を取ってやる必要があるのか。

議会では、反対したのは、国賀と山下議員。 退席したのが、辻野議員。 賛成したのは、辻中、岡田、中藤、中林、向江の5議員。

アンケート調査費5111万円もあったら、どれだけ有効に使えるか。まったくあきれる!!

(こくがブログ-泉佐野市会議員・国賀祥司より)

犬税いつから導入?

平成26年度中の実施を目指している模様。早ければ一年以内に開始される見込み。

犬税って一体いくらになるの?

現在有力なのは年間1,000~2,000円を予定しています。

又、泉佐野市は、ペットの糞を放置することを禁じた市環境美化推進条例を平成18年に施行。

平成25年には、新たに1,000円の罰金を徴収することを定め、現在罰金は5,000円と強化しています。

罰金はあくまでも啓発を目的にしている為、実際に徴収はしていませんでしたが、世間から「名ばかり罰金」と言われていました。ですが2013年11月15日大阪府泉佐野市は市内の飼い主の男性(57)から過料5千円を徴収しました。なんと実際に徴収を行うのは初めてだそうです。

「名ばかり罰金」と言われても仕方ないですね。

犬税について、私は・・・

犬税の導入については一長一短あるようですね。導入するにあたっては、それにかかるコストは税金になるわけですし、やはり気になるのは税金の使い方。ちゃんと使ってくれるのでしょうか?又、マナーの良い飼い主からも徴収する結果になりますし、又、税金を払っているんだからフンをしてもいいでしょ?って言う人も出てくるでしょう。

個人的には、罰金の強化が妥当と考えます。「フンを放置し、市民の生活を害した犯罪者には罰金100万円でどうでしょう?そして携帯で証拠写真を撮って情報提供した市民にも、何らかの恩恵を与えるとします。」どうですか?

無茶ですか?ですが、マナーの良い飼い主からすれば今回の犬税の経緯を見れば、マナーの悪い人のせいで税金が増えるとしたら「冗談じゃない」って気持ちになりませんか?

罰則が強化されることで、「犬を飼うのはお金がかかる」っていうハードルができてモラルの低い人は飼わなくなると思うのですが・・・

賛成であれ、反対であれ、結局はみんなのマナーが良くなればイイだけの話とおもうのですが・・・。

あなたの意見はどっちですか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?みなさんにとって、参考になれば幸いです。

当記事を読んで気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク