スポンサーリンク

3日断食(ファスティング)の効果とやり方!安全なダイエット方法とは

3日断食の効果とやり方!安全なダイエット方法とは

3日間の断食は、ファスティングとして一般人のみならず、芸能人やプロアスリートなども実践しています。海外でもハリウッドセレブやモデルの多くが、ダイエット目的で断食を行って話題になりました。3日間行うだけで、実に3㎏もの体重減が期待できます。

ですが、3日間の断食って正しいやり方を知っておかなければ、危険なダイエット方法であります。

行う前には、必ず正しいやり方を知っておきましょう。断食ダイエットは、やり方さえ間違わなければ、劇的な効果をもたらします。

では、3日間断食の世界をご紹介します!

スポンサーリンク

3日間断食の効果

ファスティングともいわれる3日間の断食は、プチ断食と呼ばれることもありますが、3日間でもかなりのダイエット効果が見込め、見た目がスリムになります。

安全面を考えてみても3日間がベストといえるかもしれません。実際、断食ダイエットは、3日間を推奨している場合がほとんどです。

芸能人でも3日間の断食を実践しており、小島よしおさん、GACKTさんなどが、たびたびブログなどでその経過を取り上げています。

プロアスリートにも1年に1度、3日間の断食を行っている選手がいることをご存知でしたか?主にベテラン選手に多いのですが、彼らはダイエット目的でなく、体のコンディションを整えるために断食を行っているのです。また断食を行うと集中力が増すといった理由で実践している選手もいます。

断食ダイエットを実践すると、目安として1日1kg痩せられるといわれています。そのため、3日間の断食だと、3㎏もの体重減が期待でき、人によってはそれ以上の体重が減ることもあるのです。

ダイエットを経験したことのある人ならば、1か月で3kg痩せることが、いかに大変なことかよくご存知でしょう。その3kgをたった3日間の断食で達成できるかもしれないのです。3日間という短期間で効果が見込めるのも断食の利点の1つです。基礎代謝が高い40代までの男性ならば、3日間の断食でかなりの脂肪燃焼も期待できます。

他にも3日間の断食で、よくいわれているのが美肌効果。体に溜まった毒素を排出するデトックス効果のある断食を行うことで、新陳代謝をより活発して、肌も綺麗になるのです。これ以外にも、便秘改善、血行不良、自律神経安定にも効果があるといわれています。

好転反応について

3日間の断食を行うと、「好転反応」と呼ばれる症状きたす人もいます。主に東洋医学で使われる用語で、断食以外でもカイロプラクティックや整体の施術でもたびたびみられる症状の1つです。

好転反応は、よく「体に溜まっている毒素や老廃物が、体外へと排出される際に起こる症状」といわれてます。具体的には、頭痛、肌荒れ、疲労感、下痢などのような症状が起こります。いずれも体にとってよくない症状で不安になるかもしれませんが、これはあくまで一時的なものです。その後はすぐ回復して、むしろ喜ばれる症状とみられています。

ですが、もし症状が長く続くようであれば、すぐ病院に向かうようにしましょう。何かの病気にかかっている可能性が考えられ、それを悪化しかねません。くどいようですが、好転反応は、あくまで一時的なものです。

他にも好転反応をうたった悪徳業者もいるので、十分に注意してください。

スポンサーリンク


3日間断食のやり方

3日間断食をするといっても、何も3日間ずっと飲まず食わずだというわけではありません。それだとかえって体にもよくない影響を及ぼし、ヘタをすれば倒れかねません。

イスラム教徒の間でもラマダンと呼ばれる約1か月の断食が行われていますが、これも断食は日中のみで、夜にちゃんと食事をとっています。3日間の断食を行う前に、まずは正しいやり方をきちんと確認しておきましょう。

3日間断食の流れとしては以下のようになります。

・3日の準備期間
・3日のファスティング期間
・1~3日間の回復期間

といった、3つの期間を念頭において実践します。3日間の断食といいますが、準備期間や回復期間を含めると、少なくとも1週間はかかることを知っておいてください。

断食の準備期間は、断食期間中の胃腸への負担を軽減して、断食効果をさらに上げてくれます。いきなり断食を行ってしまうと、血糖値も下がってしまい途中で断念する可能性も高いので、少なくとも3日間の準備期間は設けるようにしましょう。

準備期間

準備期間にすべきこととして、食事の量をいつもより減らす、炭水化物、糖質、アルコールの摂取は極力控え腹7分目で過ごす、水分補給はカフェインの入っていない麦茶にするなどが挙げられます。

特に準備期間では、体を断食に慣らすことが目的であるため、コンビニ弁当などの胃に負担がかかる食品を避けて、食べる量も腹7分までに留めるように注意しなければなりません。

豆腐、納豆などの豆製品、野菜類、海藻類などの植物性の食品を積極的にとるように心掛けてください。炭水化物をとる場合でも、胃に負担の少ないお粥に切り替えてみてもよいでしょう。

ファスティング期間

準備期間を終えるといよいよ断食期間へと移ります。先述でもあったように断食中でも、全く何も食べないわけではありません。一般的に断食中は、食事の代わりに酵素ドリンクを飲んで過ごすことになります。

酵素ドリンクは、食物繊維やビタミンを摂取する際に消化器官へかかる負担が小さく、加えてスムーズなどの手作りドリンクに比べると値段も手頃なのでオススメです。

稀に酵素ドリンクを飲むだけで痩せるという触れ込みを目にすることもあるかもしれませんが、酵素ドリンクそのものにダイエット効果はほとんどないので、合わせて覚えておきましょう。

酵素ドリンクを選ぶ際にも注意が必要です。胃に負担をかけないためにも無添加の酵素ドリンクを必ず飲むようにしましょう。糖分率もチェックしておきたい部分です。あまりに糖分の多い酵素ドリンクが、ダイエットに適していないのはいうまでもありません。

できれば白砂糖を使った酵素ドリンクは、控えるようにしましょう。なかには、加水率が50%を超えて、半分以上が水で出来たものもあります。いずれも値段が安いものがほとんどです。安全面を考えてみても、多少の出費は致し方ないと割り切るしかなさそうです。

飲むタイミングは、今まで通りで問題ありません。朝・昼・晩の1日3食のタイミングで飲みましょう。また、飲んで物足りないようであれば朝と昼、昼と晩の間で間食を挟んでも問題ありません。

また、断食中は、普段の2倍くらいの水分補給を意識して行ってください。目安として1時間に対してコップ1杯(約200ml)はとるようにしましょう。また、喉の渇きを感じるようであればすぐに水分補給をしてください。

水分補給には、水やノンカフェインの麦茶だと体にも負担がかかりません。くれぐれもアルコールや大量にカフェインが入っているものを飲むようなことは止めてください。

酵素ドリンク

ちなみに、お勧めの酵素ドリンクは、色々あるんですけど酵素ドリンクを超えたと言われる澱(おり)から生まれた「濃縮練り酵素【houbi(宝美)】 」が好きですね。

特に30代40代50代の方には嬉しい美容効果が期待できると言われていて、ドクダミやルイボス、クコの実など67種類の原材料を使用されています。

また、必須アミノ酸は酵素ドリンクの7~8倍もの量が含まれているんです。

houbi(宝美)はドリンクと言うよりも”ペースト状”ですので、いろんなアレンジができて飽きません。ファスティングにより、休めた内臓に染み渡る感じがします。

優秀な酵素ドリンクはhoubi(宝美)だけじゃありませんが、選ぶなら質の良い物をチョイスしてください。

貴方の体はあなたが食べた物で出来ています。それを忘れないで下さいね。
houbi(宝美)

回復期間

断食期間が終えて回復期間に入ったからといって、すぐ普段通りの食事に戻してはいけません。断食明けの状態で、いきなり普段通りの食事をしてしまうと、体調を落としてしまいます。

また、お腹がすくからといってドカ食いだけは止めましょう。せっかく痩せたのに、リバウンドしてしまったのでは、元も子もありません。

3日間の断食であれば、回復期間は1日~3日です。多くは3日を推奨しています。心配ならば回復期間を3日にすることをオススメします。

回復期間の1日目だと、朝は重湯、昼・夕はお粥で過ごします。物足りないのあれば、お新香と具のない味噌汁を添える程度なら問題ありません。

3日かけて行うのであれば、2日目以降は、朝もお粥にしましょう。また、お粥以外にも野菜を少し足して、体を徐々に慣らしていきましょう。

3日間断食の注意点

糖尿病や精神病など既に何かの病気を持つ人が断食を行うことは絶対に止めましょう。症状が悪化することは明白です。女性であれば、生理がない日に断食が行えるように上手く期間を調整してください。

断食中に筋トレやダッシュなどの激しい運動を行うことも厳禁です。ですがウォーキングや軽いジョグ程度なら特に問題ないので、体を動かしたくてしょうがないのであれば、少しばかりの散歩をすると気持ちも楽になります。

断食を終えた後もカロリーの低い食事を続けると、体も低カロリー状態に慣れてしまい痩せにくい体になってしまいます。断食後は、健康的な食事を心掛けてください。

断食のポイントとしては、準備期間から回復期間に体に負担のかかる食事を控えることです。負担の少ない食事を事前によく確認しておくべきです。

最後に

私は、ファスティングを行う事で、”食”についてよく考えるようになりました。例えば、味に敏感になったり素材の持つ本来の味が分かってきたように感じるからです。

そして、もう一つ”健康”です。健康については、よく考えていたつもりなんですがファスティングをする事で普段に比べ胃腸に休息を与える事になるからです。

ダイエットにもなりますし、月に一度はプチ断食もありかも知れませんね。